トップページ>アジング・メバリング>ワームの代わりに「ジグヘッド+毛糸」で魚が釣れる!?それぞコスパ最高の仕掛けだ

ワームの代わりに「ジグヘッド+毛糸」で魚が釣れる!?それぞコスパ最高の仕掛けだ

タグ: / / /
アクセス 2015年08月13日

出典 : 釣り ダイソー100円ジグヘッドに毛糸巻いて釣れるか!? – YouTube

ルアーフィッシングを楽しんでいる釣り人のみなさんなら、ジグヘッドとワームの組み合わせは定番と言える仕掛けだろう。

しかし、なんとワームの代わりにジグヘッドに毛糸を巻いても魚が釣れると言うのだ。

その作り方の解説と、実釣を行った動画を紹介しよう。

ジグヘッド+毛糸の仕掛けの作り方と、実釣

この動画をアップしたのは様々な釣り動画を配信しており、ファンも多い井嶋あきら氏。

動画では前半は仕掛けの作り方、後半は実釣を行っている。実際にどんな魚が釣れたかは動画をぜひ見て欲しい。

井嶋あきら – YouTube

ジグヘッド+毛糸の仕掛けの作り方

  1. ワームと同じように毛糸をジグヘッドに通す
  2. そのままだと抜けてしまうので、根本を細糸で巻き、結んでとめる

ジグヘッド+毛糸の仕掛けのコストパフォーマンス

試しにこの仕掛けにいくらかかっているか計算してみよう。

ダイソーのジグヘッドは3つ入りなので、税込みで約36円。

毛糸は40mほどなので、一般的な4インチ(=約10cm)のワームの長さで400本分取ることができる。つまり、1本あたりは0.27円だ。合計で36.27円となる。

毛糸は耐久性に欠けるため、単純には比較できないが一般的なジグヘッドが1本50〜100円、ワームが1本50〜80円だと考えると、1/3〜1/6ほどのコストとなる。

いろんな組み合わせを試してみよう

この仕掛けは安価に試せるので、いろんな組み合わせで試してみよう。

普段は出会えない思わぬ魚と出会えるかもしれない。

関連記事

カンナが痛んだエギを再利用!「エギ型ルアー」の作り方

メタルジグは自作できる!? 簡単な小型メタルジグの作り方解説動画

自分で作って費用を節約!「ワインド用ジグヘッド」の作り方

アジングやメバリングで活躍! 小型ジグヘッドの自作方法

ワームでスピナー!? 自作ジグヘッドスピナーの作り方

タグ: / / /