テーマ別

トップページ>その他>冬でもぬくぬく釣行!ハピソンのワカサギ電動リールを使ったワカサギ釣りのすすめ

冬でもぬくぬく釣行!ハピソンのワカサギ電動リールを使ったワカサギ釣りのすすめ

by ハピソン

タグ: / /

公式 2017年12月30日

今回は山中湖に浮かぶわかさぎドーム船に乗り、ハピソンスタッフがわかさぎ釣りに挑戦した。

わかさぎ釣りは、エキスパートから釣り初心者までも幅広く楽しめる釣り方だ。

山中湖のわかさぎドーム船とは

山梨県にある富士五湖のひとつである山中湖。ここは例年9月~5月くらいまでわかさぎ釣りを楽しめるフィールドだ。

山中湖には多くのワカサギドーム船が浮かんでおり、湖の名物となっている。

ドーム船の特徴としては、

  • ほとんどが大型船のため、船酔いしづらい
  • ストーブなど暖房が完備されている
  • トレイが完備されている
  • 電子レンジやポットの用意がある
  • 出前などのサービスをしているボート店もある

などなど。

すべてが当てはまるとは限らないが、多くのドーム船では上記の様なサービスや充実した設備を完備している。

女性や子供までもが楽しめる

わかさぎ釣りというと、氷上でのわかさぎ釣りや手こぎボートなどを使った釣りかたが一般的だったため、少し敷居が高い釣りのイメージがあった。

しかしドーム船でのわかさぎ釣りは、服装も軽装でよく、道具のレンタルも充実しているので誰でも気軽にエントリーできる。

女性や子供がエントリーしやすくなったことで、わかさぎ釣りの人気は高まっている。

近年では競技性も高くなり、凄腕アングラーがさまざまなテクニックで数釣りを楽しむなど、幅広い層から親しまれているのもわかさぎ釣りの魅力といえるだろう。

わかさぎ電動リールがより楽しさをもたらす

わかさぎ釣りが劇的に盛り上がった背景には、わかさぎ電動リールの登場が大きい。

手巻きリールで1日に200回ほど巻き上げる作業も、電動リールを使えばでらくに釣りができ、初心者でも多くの魚に出会うチャンスをあたえてくれる。

初心者のアングラーであるほど、わかさぎ電動リールの恩恵を受けられるので、ぜひ一度使ってみてほしい。

ハピソンのわかさぎ用電動リールは3タイプ

YH-201Bシリーズ

カウンター無しのシンプルタイプ。

竿一本で釣りする方や、電動リール入門者にもおすすめだ。

YH-202シリーズ

カウンターありのタイプ。

中層に出る反応もカウンターで追いやすく、自動巻き上げもあるので竿2本での釣りに重宝する。

YH-203

カウンターありのタイプ。

YH-202シリーズのパワータイプで、メガサギ(メガワカサギの略称)の連掛にも対応している。

わかさぎドーム船へ持参するべき荷物

  • クーラーボックス(保冷剤または氷入り)
  • 食べ物
  • 飲み物

一緒に覚えておこう

  • 道具をレンタルする場合は、予約が必要となる
  • 仕掛けがドーム船内で購入可能か確認しよう
  • 食べ物の出前ができるドーム船もある
  • ホットドリンクをサービスしてくれるドーム船もある

わからないことがあれば、わかさぎアイテムを扱っている釣具店やドーム船に問い合わせてみよう。

タックルデータ

リール/ ハピソン 「YH-203 ワカサギ電動リール」

ジョイント/ ダイワ 「クリスティア ワカサギ可変アダプターA」

竿/ ささめ 「KIRAKU Medium 23」

ライン/ サンライン 「スーパーアイスライン 0.2」

仕掛け/ ささめ 「ワカサギ山中湖1号」

投稿ナビゲーション

タグ: / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト