【Aji-canさんからの寄稿】悪天候は中止のお告げ!?フルキャストした瞬間に訪れたロッドの悲劇

タグ: /
2017年12月22日 (最終更新日:2018年12月13日)

まさかこんなに早く雪が降るとは…

まだ11月の後半だというのに…。

ちょっと予想外の降雪量だ。

ここ数年、暖冬で雪があまり降らなかったため、今年もまだ積もらないだろうと油断してました。

「でも、次の休みまでは溶けるでしょ」

なんて気軽な気持ちで休日を迎えるたのが悲劇に…

荒れる磯へ

この日は若い子から熱い誘いを受けて磯のポイントへ向かうことになっていた。

風向きは南西風。

ちょうど風裏になるポイントに夕方の明るいうちに到着。

まずは様子見がてらキャストした途中に、猛烈な勢いで波しぶきが立ち上がった。

これは危険と判断して、近くの漁港内に退避しました。

港内にベイト多数

ここは地元の人の話だとベイトがたっぷりと入っていて、それに良型のシーバスが付いているという話。

だが、真正面からの強風がなんとも釣りにくい…。

結局、乗り切らない微妙なバイト2回で終了

早めに休んで翌日に備えることにしました。

2日連続で釣行

そして翌日。予報では風向きが変わり、少しは釣りやすくなるはずと期待していた。

が、相変わらずの爆風。

それでも諦めきれずにやれそうな場所を探す。

綺麗な水色に、分厚いサラシが出ているポイントを見つけた。

深いスリットに沈み根がゴロゴロ。

ネチネチ攻めれば出そうな雰囲気

ネチネチ…

ネチネチネチ…

バチバチバチバチ!!?

「イタタ!!」

大粒の霰が襲いかかってきた。

それでも耐えて…

ドーーンッ!!

次は近くで雷。さすがに一旦退避。

雷レーダーによると、すぐ雷雲が抜けそうだっので大人しく待つ。

空が落ち着くのを待って再度エントリーした。

このあと悲劇が

立ち位置を変え、風を背負いながら遠くの根周りをしつこく攻める。

風が強く、ギクシャクしながらのキャスト。

上手く行けば飛ぶが、なかなか思い通りにいかない。

「もう少し先のあそこを…」

バキィッッツ!!

「え?」

ロッドが緩んでいるに気付かず、フルキャスト。

「はぁ~~、今日は帰れってことだな。」

まだ諦めきれなかったが、納竿とした。

「はぁ~~~~。」

ため息しか出ない釣行。

しゃーない、これは俺のミスです。

めげずにまた頑張ります。

Aji-canさんのブログはこちら

釣行データ

釣行日

2017年12月3日

釣行場所

秋田県の磯

天候・潮汐

晴れ・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイコー「ランスマン LANJ-106MH」

ダイコー(DAIKO) ロッド ランスマン LANJ-106MH ダイコー(DAIKO) ロッド ランスマン LANJ-106MHの商品画像

参考価格 : この商品は現在お取り扱いできません。円

リール/ シマノ「ツインパワーXD 4000XG」

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: