【CCBさんからの寄稿】試行錯誤しながらラン&ガン!1匹をひねり出すための戦略と対策

タグ: /
2017年12月16日 (最終更新日:2018年12月13日)

どうも(^◇^;)

ブログ「CCB-family」の「CCB」です!

今回、前回ご紹介したバス釣りトーナメント「1year tournament」の延長戦に行って来ましたが…

(前回の釣行記はこちら)

見事なまでの丸坊主でしたorz

自分の腕の無さを嘆きながら、試合を終えました。

秋から冬にかけての時期は、本当に苦手(^◇^;)

そして、対戦相手のガンチャンも、不調ときたもんで、ふたりしてバスに嫌われたみたい(;´༎ຶД༎ຶ`)

ってな感じで、少し釣行のお話と延長戦の結果を書いていきます。

  • 11月26日
  • 天気:曇り
  • 風:ほぼ無風
  • 釣行池:里庄町の池→増原池→大木池→宮原大池→稲荷の野池
  • 釣行時間:夜明け〜夕暮れ

  • 里庄町の池

夜明けを待ち、少し明るくなった時間から準備。

まずは、魚が浮いていると感じたので、O.S.Pの「HPシャッドテール」からスタート。

ジグヘッドリグで、ミドストをする事に。

シャローからそのブレイクラインまでを岸際から順番に探っていきます。

それからバイブレーションを投入しましたが、反応がありませんでした。

  • 増原池

岡山県でも屈指のメジャー野池!

いつ行っても釣り人やボートが浮いている。

おいらもボートでも来たしオカッパリでも、数回来ている池です。

ここは、最近釣果が上がっているみたいで、期待大w

しかしその考えは、甘かった(;´༎ຶД༎ຶ`)

まずは護岸側やスロープ、アシの塊を攻めます。子バスくらいは釣れるやろっとキャストを繰り返しますが…無反応

次は、深場へ。

バイブレーションをリフト&ファールや、ダダ巻き。

だけど、魚の気持ちも秋の空?

答えが返ってくることはありませんでした!

ちなみに、ボートの人は、結構釣ってたw

あそこまで、ぶっ飛ばせればなぁ!

(近くのおかっぱりの人も釣ってました。)

ポイントをメモして移動。_φ(・_・

  • 大木池

なんと大増水中!

逆に、居場所わかんねー。

数投して、場所移動。

  • 宮原大池

ここは、時間をかけてじっくり回りました。

シャローでは子バスを発見しましたが、1匹だけ。

全体的に活性は悪い!

それでも人が、1人、2人、3人、4人、5人(^◇^;)

めちゃめちゃ人気ポイントやw

ということで深場にポイントを絞り、ジグヘッドワッキーでネチネチ攻めたり、メタルバイブを投げを投げてみました。

しかし、一通り釣り歩いて撤退。

誰も何も反応なっしw

この辺から、ふたりは焦り出す!

今回もノーフィッシュは、ありえへん((((;゚Д゚)))))))

最後の野池にかける事に

  • 稲荷の野池

ここで、なんとか絞り出したい。

ルアーは、レイドジャパンの「バトルホッグ」2.6インチ。

それを少し改造しています。

爪をふたつともちぎって「オカエビ」みたいにして、マスバリにつけて、お腹のあたりにネイルシンカー0.3gを差し込みました。

ワームなのに表層が狙いやすくなるリグです。

そして枯れたウィードに絡ませながら、トップで逃げ惑うエビをイメージして巻いていると…

ウィードをかき分け猛烈バイト!

気持ち〜いと思っていたのですが、これは小さくてノンキーパーw

そして、2人して肩を落としながら帰路に。

総評

全体的に、完全に冬模様。

もう少し南側のエリアを回ればよかったかなぁ?

1匹の重要性を感じたのと、自分のスキルの無さを痛感した一日。

正直この結果は納得できないけど、試合は試合として受け止め。

次回の対策と傾向を考えたいきたいと思いました。

それでは、また〜

やっぱり秋〜冬にかけては難しい(;´༎ຶД༎ຶ`)

おいらの引き出し増やせるように頑張りますw

CCB-FAMILYのHPは、こちら

釣行データ

釣行日

2017年11月26日

釣行場所

稲荷の野池、他

天気

晴れ

今回のタックルセッティング

ロッド / ダイワ「ダイワ ロッド 月下美人 70L-T」

リール / ダイワ「フリームス 2506」

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: