テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>初心者のための「海のルアー釣り」の始め方

アクセス 2016年11月24日

初心者のための「海のルアー釣り」の始め方

目次

  1. 海のルアーフィッシングで釣れる魚
  2. シーバス(スズキ)を狙ってみよう
  3. アジ・メバルをライトゲームで狙ってみよう
  4. アオリイカをエギングで狙ってみよう
  5. 青物(ブリ・カンパチ)をショアジギングで狙ってみよう
  6. ロックフィッシュ(カサゴ・キジハタ)を狙ってみよう
  7. チヌ(クロダイ)をチニングで狙ってみよう
  8. [番外編] 何でも釣れる!?必殺ルアー五目釣り

シーバス(スズキ)を狙ってみよう

img_1423-720x540

まずは、ルアーフィッシングの中でも最もポピュラーなシーバスゲームについて解説していく。

シーバスが釣れる場所

前述の通り、シーバスは非常に様々な場所に生息している。自身の住んでいる場所から一番近い場所でまずは始めてみよう。

河川が近くにある方は、日中に覗いてみると良い。鯉やボラに混ざってシーバスが泳いでいる姿を確認できるかもしれない。「こんなところに⁉」と思うような場所にもシーバスは潜んでいる。

シーバスのシーズン

基本的に一年中狙うことができる。しかし、冬になると産卵のために沖へ出るため、魚が抜けてしまうフィールドも多いので注意しよう。

ベストシーズンは産卵後の春と、産卵前の秋だ

シーバスを狙うタックル

シーバスを狙う場所によって様々なタックルを使い分ける必要があるが、まず始めるならば9フィート台の長さのロッドに2500番のリールを持っておけば河川や漁港、サーフなどのフィールドをカバーできる。

ラインはPEラインがおすすめだが、先にリーダーと呼ばれるラインを結ぶ必要があり、最初のうちは扱いに苦労するかもしれない。

PEの場合は最初は太めの1号~1.2号、リーダーに使うナイロンやフロロラインは3~5号程度がおすすめだ。

シーバス用ルアー

ルアーも非常に様々な種類があるため困惑するかもしれないが、まずはバイブレーションミノーシンキングペンシルと呼ばれるルアーを色違いなどで数個用意しておけば問題ない。基本的に投げて巻くだけで大丈夫だ。

魚の潜んでいそうな障害物周辺や流れの強い場所などへ重点的にキャストしてみよう。釣れない時に最も必要なスキルは根気強さである。

より詳しいルアーの操作方法やテクニックは、以下の記事を参考にしよう。

これを読めば初心者も釣れる! シーバスの釣り方まとめ【ルアー編】

【次ページ:アジ・メバルをライトゲームで狙ってみよう】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー