初心者でもかんたんに釣れる!ブラクリ釣り徹底解説

タグ: / / / /
2017年12月19日 (最終更新日:2018年03月24日)

目次

  1. ブラクリ釣りとは?
  2. ブラクリで釣れる魚
  3. ブラクリ釣りのタックル
  4. とてもかんたん!ブラクリの作り方
  5. ブラクリ釣りのやり方
  6. ブラクリ釣りで必要な装備、便利グッズ

ブラクリ釣りのやり方

ブラクリ釣りの基本的なやり方を解説していく。複数の誘いを駆使して様々な魚種を狙おう。

穴釣り

穴釣りとは、消波ブロックの間や海底の岩と岩の隙間などに仕掛けを落とし込んで釣る釣り方。

根掛かりしにくいブラクリ仕掛けはこの釣りにぴったりで、主に根魚類を効率よく狙うことができる。

まず、穴にブラクリを落として着底させる。

特に消波ブロックの中は複雑な構造をしており、着底したと思っても竿を軽く煽るとさらに下へ落ちていくことも少なくない。

穴の奥には良型の根魚が潜んでいる可能性が高いため、しっかりと落とし込むように意識すること。

落としたら、糸を張って上下にゆっくり動かし誘う。アタリは明確に竿に伝わるため、しっかり合わせてリールを巻こう。

餌取りの小さなアタリを我慢して、本命の大きなアタリを感じるのもこの釣りの楽しいところだ。

落とし込み

防波堤の壁際には海藻や貝類などが付着しており、多くの魚が身を寄せる場所で、足元にブラクリを落とすだけでも釣果が望める

穴釣りと基本的に釣り方は同じで、着底させて上下に誘うだけ。

しかし防波堤の壁側にも根魚等が潜んでいるため、底でアタリが無い場合はゆっくりリールを巻いて上まで魚が居ないか誘ってみると良いだろう。

ちょい投げ

カケアガリや少し沖に根があるポイント、船の通り道で深くなっているミオ筋など、底の変化を投げて探る釣り方も有効だ。

根魚だけでなく、カレイ等の魚種も狙えるのが嬉しい。

まずはキャストしてから底を取る。

着底したら糸を張らず緩めずの状態でしばらくアタリを待ち、何もなければ竿を煽って仕掛けを跳ね上げ、再び着底させアタリを待とう。

ズル引きしたり糸を緩めすぎると根掛かりの原因になりやすいため注意が必要だ。

ブラクリ釣りのコツ

こまめにポイントを変えよう

ブラクリで主に狙える魚は回遊しているものよりも、狭い範囲でじっとしているものが多い。

よって、反応が無い場合には次の穴に落としたり、投げる方向を変えるなどして魚の居場所を探すと釣果がアップする。

特に穴釣りでは、一度釣れた穴にはもう魚が居ないと考えて良い。

日中でも暗く、深そうな穴が狙い目だ。

餌の使い分けも重要

基本的には虫エサを良く用いるが、アピール力の高い魚の切り身や、餌持ちの良いイカの短冊など、複数の餌を用意すると様々な状況に対応できる。

ベラやフグなどの餌取りが多い状況ではイカ、食いが渋い状況では食い込みのよい魚の切り身など、使い分けて釣果アップを目指そう。

餌によって釣れる魚種も変化する場合も多い。

根に潜られたら…

根魚は、掛けてからもたついていると一気に根に潜って動かなくなってしまう。

潜られる前にとにかくリールを巻いて浮かせることが重要だが、万が一潜られた場合には糸を緩めてしばらく待ってみよう。

油断した魚が根から出てきて竿先に動きが伝わるため、その瞬間に一気に竿を煽り回収すればよい。

【次ページ:ブラクリ釣りで必要な装備、便利グッズ】

タグ: