初心者でもかんたんに釣れる!ブラクリ釣り徹底解説

タグ: / / / /
2017年12月19日 (最終更新日:2018年03月24日)

目次

  1. ブラクリ釣りとは?
  2. ブラクリで釣れる魚
  3. ブラクリ釣りのタックル
  4. とてもかんたん!ブラクリの作り方
  5. ブラクリ釣りのやり方
  6. ブラクリ釣りで必要な装備、便利グッズ

とてもかんたん!ブラクリの作り方

市販の完成品を購入してもよいが、ブラクリはかんたんに手作り可能。

市販品よりも割安で沢山作ることができるため、節約にもなるだろう。

ブラクリ作りに必要なアイテム

  • 中通しオモリ(ナツメ型、丸形など各種)
  • 撚り糸
  • ビーズ
  • 針(チヌ針、丸セイゴなど)

ブラクリの作り方を動画で確認しよう

1.撚り糸に針を結ぶ

内掛け結び、外掛け結びのどちらでも構わない。やりやすい結び方で針を結ぼう。

2.ビーズを通す

糸にビーズを通し、針の上へ持ってくる。オモリが針に被ってしまうことを防ぐ役割を果たすほか、夜光のものは光ってアピールし、ビーズはカチカチと音で誘うことが可能である。

また、ビーズを通す前に結びコブを作っておけば、オモリと針の間の距離を変えることもできる

あまり長すぎると根掛かりの原因となるが、長さによって仕掛けの動きも変わってくるため、ビーズの種類と共に様々なタイプを作成してみよう。

3.オモリを通す

次にオモリを通す。

オモリはビーズの上で止まり、針まで下がってこないようにしよう。また、オモリの穴より小さなビーズは意味がないため注意しよう。

オモリもナツメ型や丸型など、前述の通り特性が異なるため使い分けると良い。

4.最後に八の字結びで完成

オモリの上で八の字結びをし、オモリの穴をプライヤー等で軽く潰せば完成。

この場合オモリは上下に遊動するが、固定にしたい場合はオモリ上部にもコブを作ったり、爪楊枝などで穴を固定しよう

オモリは市販のもののように赤色に塗装しても良いし、夜光オモリを使用するのもおすすめだ。

好きな色でカスタムして自分だけのブラクリを作製するのも面白いだろう。

【次ページ:ブラクリ釣りのやり方】

タグ: