初心者でもかんたんに釣れる!ブラクリ釣り徹底解説

タグ: / / / /
2017年12月19日 (最終更新日:2018年03月24日)

目次

  1. ブラクリ釣りとは?
  2. ブラクリで釣れる魚
  3. ブラクリ釣りのタックル
  4. とてもかんたん!ブラクリの作り方
  5. ブラクリ釣りのやり方
  6. ブラクリ釣りで必要な装備、便利グッズ

ブラクリ釣りのタックル

ブラクリ釣りは極めてシンプルなタックルで、ルアー釣りと同じように手軽に楽しめる。

ロッド

基本は消波ブロックや防波堤の足元へ仕掛けを落とすだけなので、短いロッドの方が取り回しが良く扱いやすい。

ルアーロッドを用いる場合には、6フィート前後のバスロッドがおすすめだ。また、穴釣り専用ロッドも発売されている。

キャストして探る場合にはシーバスロッドやエギングロッド等が扱いやすいだろう。

リール

穴に落としていく釣りの場合、着底後素早くラインを張ることができるベイトリールがおすすめ

しかしバス用のものをそのまま流用する場合には、海水対応であることを事前に確認し、釣行後にしっかりとメンテナンスする必要がある。

この釣りの場合、リールはラインを出し入れすることができれば良いため、安価なものでも十分だ。

ライン

ナイロンの2~3号程度が扱いやすい。

岩などへの擦れに強いフロロカーボンラインを使用するのも有効だが、ナイロンラインに比べて硬いためライントラブルが起きやすくなる。

擦れに弱いPEラインを使用することは少ないことも覚えておこう。

ブラクリ

先程紹介したように、ブラクリにも複数種ある。

各タイプや複数の重さ、色などを揃えておくと、あらゆる状況に対応可能だ。

根掛かりして仕掛けを無くした場合も考慮して、多めにブラクリは用意しておこう。

青虫(アオイソメ)と呼ばれる虫エサを用いることが多い。

他にはサバの切り身やカツオのハラモ、イカの短冊、オキアミ、キビナゴなどを使用することもある。

様々な魚種を狙いたい場合には虫エサ、根魚狙いならば魚の切り身やイカが効果的だ。

対象魚によって餌を変えて反応をみるのも面白い。魚の切り身は皮が光って臭いも強くアピール力があり、イカは餌持ちがよく餌取りが多い状況でも有効であることを覚えておこう。

餌の刺し方は、虫エサの大きなものは一匹を通し刺し、細いものを房掛けにする。切り身やイカはチョン掛けか縫い刺しにしよう。

【次ページ:節約にも!ブラクリの作り方】

タグ: