テーマ別

トップページ>シーバス>【Aji-canさんからの寄稿】逆風で困ったら重たいシンペン!濁流でヒットしたオリジナルカラーはこんな色

【Aji-canさんからの寄稿】逆風で困ったら重たいシンペン!濁流でヒットしたオリジナルカラーはこんな色

タグ: / /

アクセス 2017年12月08日

秋田の寄稿アングラーAji-canさんの釣行記!逆風でルアーが飛ばない時は、釣りづらくて思うようにいかないもの。そんな時はシンペンの重さに注目です!

今回は秋田中央方面へ。

このエリアには、近くにサーフがあって、ちょっと行けば磯もある。

狙い所が多くて楽しい場所だ。

予定を立てつつ仕事に集中して、いよいよ釣行の時となった。

人気スポットだけど人がいない

釣り場を見渡すと、人の多いエリアだから混んでいると予想したが、思いのほか人がいない。

タマヅメというには早い時間帯だったがキャスト開始。

しかし正面からの強風に、キャストしてもルアーが戻されてしまった

「そりゃ、人がいないわけだ…」

だがこれは、良く考えると周りを気にせず好きにやれるということでもある。

まずはリップ付きのシンペンを投げ、水噛みの良いもので広範囲に流す作戦にでた。

これは風で全く飛ばない。

「もうちょい奥を探りたいな…」

重めのシンペンを試す

ということで、次は重めのシンペンを投げる。

水の濁りと弱い不規則な流れという状況だが、シンペンを使った感触から低層の方には流れがあるようだった。

「なんか、今年の5月っぽい」

ふと「そのときはよく釣っていたな」と思い出しつつ、自然とその時と同じシンペンを選んでいた。

風の影響は強いものの、さっきよりはルアーが飛んで行く。

一瞬風が弱まりルアーが狙い位置まで届いた。

急いで糸ふけをとってシンペンを水に馴染ませる。

とその時!

よろめいて体のバランスを崩してしまった。

「やばっ!」

グンッ…。

「え?ちょ!いま?」

まさかよろめいている時にヒットしてくるとは…。

バランスを崩しながらなので、なんとも格好が悪い。

冷静に足元まで誘導して、最後の抵抗をしのいでネットイン。

自作したオリジナルカラーでヒット

70cmくらいの丸々とした魚体だった。

ルアーは、オリジナルカラーの「銀粉チャート」。

濁った時はこれがやっぱり強い。

人気スポットで、悪条件のなかでも結果を出せたことがうれしかった。

それだけでこの日は満足だった。

今回はこの1匹で納竿としました。

Aji-canさんのブログはこちら

釣行データ

釣行日

2017年11月28日

釣行場所

秋田県の中央方面の河川

天候・潮汐

晴れ・若潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ アピア「風神グランドスウェル 104MH

リール/ シマノ「ツインパワーXD 4000XG」

 

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト