テーマ別

トップページ>ブラックバス>【まぐたろさんからの寄稿】冬バスは寒くて動かない!ワームのネチネチ作戦が効くポイントの選び方

【まぐたろさんからの寄稿】冬バスは寒くて動かない!ワームのネチネチ作戦が効くポイントの選び方

タグ: / /

アクセス 2017年12月06日

和歌山の寄稿アングラーまぐたろさんの釣行記!ダウンショットリグを使った冬バス攻略法の紹介です。重要なのはポイントの選び方。

どうも!

ブログ「トンボクエスト」の「まぐたろ」です!

前回の記事「バス釣りの経験から導き出す!漁港の居つきシーバスをヒットに持ち込むフローティングミノーの使い方」

が週間ランキングに載って、驚いています!

読んでくださった方、本当にありがとうございます!

さて、今回はバス釣りの話を書こうと思います!

ジャンルがバラバラですみません(笑)

秋~冬のバスが憎い

突然心中を吐露してすみません。

というのも、冬のバス釣りってほとんど修行だと思うんです。

バスプロが「冬のタフレイクに挑む!」みたいな動画も見ていて辛いです(笑)

しかし、今回は晩秋のバスをとっちめた記事です!

安心してご覧ください。

いざフィールドへ

いつも通い慣れた野池へ。

この野池は公園の中にある野池で、真ん中に噴水があり、ところどころに橋がかかっています

1時間もあればぐるっと1周できて、おおよそのポイントを撃ち終えることができる規模の野池です。

普段はあまり人が来ないのですが、休日になると結構混む池で、ハイプレッシャーになることがあります。

冬に攻める場所といえば?

バスプロや一般的な声は、深場とか温排水とがメインです。

しかし温排水にいるようなバスはスレまくっているし、深場はあまりいい思いをしたことがありません。

釣れたことがあるのはこの1匹だけ。

このバスは、アタリがほぼなくて引きもゼロでした(笑)

ので!

今回はダウンショットリグを選択しました。

食わせ重視のアクションであれば、コンディションのいい魚が獲れるだろう!

という魂胆です!

「晩秋~冬は巻物」という考えを捨て、深場狙いもやめて、橋沿いをネチネチ誘ってみました。

私の経験では、春や夏にいい思いをした場所は、冬でも活性の高いバスが集まっている事が多いです!

ダウンショットリグで価値ある1匹

シンカーは1/8オンス(約3.5g)で、ワームはジャッカルの「フリックシェイク」。

橋脚のきわきわにキャストし、着底したらラインを張ります。

あえて大きなアクションをせず、弱りきったミミズを演出しながら、ズル引き。

そして底を感じながら引いてくると、ココンっ!と小さなアタリが!

すかさず大きくアワセます!

晩秋とは思えないほど走り回るコンディションのいいバス。

ストラクチャーが近いため、潜られないように気をつけつつ、少し強引に引き剥がして無事キャッチ!

以前にバイブレーション出釣った冬バスとは大違いなコンディションでした。

低水温期でも「フリックシェイク」の威力は健在です!

ガバガバな目視で40cmくらいでしょうか?(笑)

きれいな体色のバスでした。

冬でも有力ポイントであれば、コンディションのいいバスと出会うことができます!

寒さは増す一方ですが、有力ポイントで少しだけネチってみてくださいね。

ちなみに、狙うなら気温が高まるお昼前後の時間帯がおすすめです!

以上、「まぐたろ」でした!

今回も最後まで読んでいただいき、ありがとうございました~

私のブログ「トンボクエスト」もよろしくお願いいたします。

釣行データ

釣行日

2017年11月27日

釣行場所

野池

天気・潮汐

晴れ

今回のタックルセッティング

ロッド / シマノ「ゾディアス」

ロッド / シマノ「サハラ」

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト