トップページ>料理>夏の楽しみ! 美味しく食べるためのテナガエビの下処理方法

夏の楽しみ! 美味しく食べるためのテナガエビの下処理方法

タグ: / /
アクセス 2015年08月10日

夏に身近な場所で楽しめるテナガエビ釣り。

釣るだけではなく、手づかみでも捕獲できるテナガエビは持ち帰った後も料理して楽しめる。

適切な処理を覚えてテナガエビを美味しく食べよう。

覚えておきたい「テナガエビ」の下処理方法

テナガエビ下処理の手順

  1. 捕まえた後真水に入れ2〜3日泥抜きする。(水に空気を入れるポンプが必須)
  2. 料理する直前に日本酒に30分ほど浸しくさみを取る。(暴れるのでラップで蓋をしよう)
  3. その後エビの臭みの元である胃を爪楊枝などで取る。(かなり細かい作業で日本酒と泥抜きにより臭みもかなり消えている。面倒な方はとばしてもかまわない)
  4. 片栗粉と塩を混ぜたもので、エビの表面についている汚れを落とし、綺麗に水洗いする。

テナガエビのレシピ

上記の手順で綺麗に下処理したらお好みの方法で美味しく頂こう。

クックパッドなら15種類以上のレシピを参考にすることができる。

手長エビのレシピ 17品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが212万品

臭み無い美味しいエビを食べよう

持ち帰ってそのまま料理すると臭みが出て美味しくないテナガエビ。

特に水の濁っているところで捕まえたエビは下処理は必須なので、面倒くさがらずキチンと行って美味しいエビを頂こう。

夏に釣れる魚の特徴や生態|テナガエビ編

関連商品

タグ: / /