【ユージさんからの寄稿】250mのラインが一気に引き出される!推定3メートル超えのカジキと衝撃的なファイト

タグ: / / /
2017年11月28日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは!

youtubeで「YU-FISH TV」をやっています「ユージ」です。

今回は会社のメンバー5名でタイラバに行ってきたときのことをご紹介させていただきます!

推定3m超えの巨大魚が目の前に!

メンバーはタイラバですが、私だけスロージギングで根魚を狙いました。

風も波もなくベタ凪のシチュエーション。

さっそくファーストヒットが来て、25㎝ほどのアオナをキャッチします。

そしてすぐに70cmクラスのサゴシを追加。

順調に釣果を伸ばしていきました。

ただこのサゴシは、随分と数が多い様子。

鋭い歯で、フォール中にジグを2本切られました。(ToT)

気を抜くとすぐ切られちゃうんですよね。

タイラバ組はというと、良型アマダイやマダイがポツポツ釣れていました。

そして終了時間はそろそろかな~と思っていたところ、私にアタリが!

しかも強烈な強烈な横走り!

これまで味わったことのない勢いで、ラインがどんどん引き出されて行きます!

沖で巨体がジャンプしたと同時に、キャプテンがカジキ!と叫んで気づきました。

私にヒットしている!

そんな興奮もなす術なく、あっという間にPE2号250mが全て引き出されて終わりました。

推定3mで100㎏オーバーのシロカジキだったかもしれないとのこと。

いつかそんな大物を釣り上げてみたいです。

釣果の模様を動画でも紹介していますので、こちらもよろしくお願いします。

YouTube:「YU-FISH TV」

釣行データ

釣行日

2017年10月7日

釣行場所

小呂島沖

天候・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「キャタリナ BJ エアポータブル 63XXHB」

リール/ ダイワ「キャタリナ ベイジギング 200SH」

この記事を書いた人

ユージ

ユージ

鍛え抜いた肉体を持つ、美ボディアングラー。過酷な沖磯や玄界灘に潜む大型魚をターゲットにしている。
タグ: