テーマ別

トップページ>シーバス>シーバスやタチウオなどの攻略に必須! 「ワインド釣法」のアクションをマスターしよう

3959444076_23e7022bf8_b (1)

7503アクセス 2015年08月09日

シーバスやタチウオなどの攻略に必須! 「ワインド釣法」のアクションをマスターしよう

3959444076_23e7022bf8_b (1)

出典:海タチウオ | Flickr – Photo Sharing!CC BY-SA 2.0

シーバスやタチウオゲームでよく耳にする「ワインド釣法」。ジグヘッドワームを取り付け左右にキレがあるダートを連続させ、それにより生まれる波動で食性を刺激し魚を釣る方法だ。

上記の他にもサワラやブリ、シイラなどにも効果的なこの釣り方だが、慣れないと難しいアクションでもある。今回はワインド釣法で釣果を出すためのポイントを紹介する。

非常に分かりやすいワインド釣法の解説

ダート釣法に特化した製品を開発するオンスタックルデザイン[ounce tackle design]の浦氏のワインド釣法解説。細かいポイントまで詳しく紹介してくれている。

ワームのつけ方

ワインド釣法で大切なのはワームのつけ方。真っ直ぐについていないと、綺麗にダートしない。近くにキャストしてまっすぐ泳ぐかを確認しよう。

なお、オンスタックルデザインからはワインド釣法専用のジグヘッドやワームが発売されている。

ワインドアクションのポイント

  • ラインが張った状態から引っ張るのではなく、ロッドを下げてラインスラッグを作った状態からロッドを素早く立てる。
  • ロッドの上げ下げ1回につき、リールを1回転させる。
  • 手首だけでロッドをしゃくるのではなく、肘や腕を使って力を使わず軽くしゃくる。

ワインド釣法一連の流れ

  1. ワームのセッティングを確認する。
  2. キャストして着水したらカウントしながらボトムまで落とす。
  3. ボトムに着いたら、一度ロッドを立ててワームを浮かす
  4. その後ワインドアクションを開始。

ワインド釣法の基本をマスターしよう!

素早くキレのあるアクションと波動で、活性の低い魚のスイッチを入れることのできるワインド釣法はどんな魚にも強力に効果を発揮する。ワインド釣法をマスターして夏の釣果をさらに上げよう。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト