[スズシゲさんからの寄稿] 初挑戦した1投目でヒット!狙い所がわかりにくいサーフエギングのポイントはこうして決める

タグ: /
2017年11月16日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは。「淡路島ライフ」のスズシゲ(@szksgnb)です。

今回は、淡路島南の「あわじエリアのサーフ」で、この春リリースされたヤマシタの「エギーノぴょんぴょん」片手にエギングしてきたのでその実釣レポです!

このエギ、ほんまに釣れるんやろか?

サーフで、ほんまに釣れるんやろか?

釣りをする前に抱いていた疑問は、開始第1投で払拭されました。

もともとは青物をチェックするべくサーフへ

秋の空にはひつじ雲。

余談ですが、この雲が出ると翌日は「雨が降る」と言われています。

台風以降、ちょっとつかみどころのない海の様子を見にサーフへ。

朝マズメ、満潮絡み。

青物が沖にいるらしい、という目処が立っていたのでひたすら遠投します。

投げ続けること1時間。

ルアーローテーションすること10種類。

かなり手数を使いました。

あとはフォールに特化したジグをフォローで入れるか、思い切って大型プラグを遠投するか…。

しかし、反応はイマイチでベイトの気配もありません。

集中力が切れたので、気分転換にサーフエギングをすることにしました。

初サーフエギング!何を意識しようか。

遅ればせながら、本格的なサーフエギングはこれが初めて。

似たようなシチュエーションでは、海水浴場周りの堤防からストラクチャー周りの砂地を狙ってアオリイカを釣ったことはあります。

しかし、何もない砂浜から何もない海へキャストするのはちょっと勝手がよくわからない。

沈み根の位置がわからないから、回遊している積極的な個体を狙い撃つ感じかな?

幸い潮は効いている。

この潮に乗って波打ち際にアオリイカが回遊しているとしたら、きっと食い気がある個体に違いない。

とりあえず1箇所だけで粘ると心が折れそうだから、2投したら小移動しよう。

足で稼いでいこう。

初登板の「エギーノぴょんぴょん」。どんな感じで使おうかな?

使用エギにチョイスしたのは、ヤマシタの「エギーノぴょんぴょん」。

2017年春にヤマシタからリリースされた、フラップ板付の新機軸エギです。

「底をとらない」、「激しくしゃくらない」という、従来のエギとはちょっ異なる使い方をするエギです。

ちょっと変わったエギですが、使用法や釣果については別記事にまとめているのでよかったらそちらもどうぞ。

(参考:【追記あり】エギーノぴょんぴょんの使用法とアオリイカ釣果)

【次ページ:サーフで狙う場所の決め方について詳しく解説!】

タグ: