[スズシゲさんからの寄稿] キーワードは水深と潮流!大型アオリを狙って釣るラン&ガンのコツ

タグ:
2017年11月09日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは。「淡路島ライフ」のスズシゲです。

淡路島の南あわじエリアで、アオリイカの生育状況を調査してきました。

極小サイズが多いので、「ある程度の良型をどう狙って取るか」がシーズン初期のキーになりそうです。

アオリイカの数は抜群。サイズは…

何箇所かラン&ガンしてみて感じたこと。

とにかく、アオリイカ自体はいっぱいいます。

たとえば上の写真のような浮遊物。

この浮遊物の周りだけで8〜10パイは群れていました。

ちょっとアップにしたら見やすくなるかな〜と、ズームして加工を入れてみました。

それでも見にくいですね…。すみません。

よく目を凝らすと、ぼんやり漂う白い影が4つ見えます。

これ、アオリイカの新子です。

ただ、サイズが餃子やトッポギくらい。

とんかつサイズ?

コロッケサイズ?

まだまだ!といった感じです。

このサイズが釣りごろになるのは10月中旬以降でしょうか。

各エリアそれぞれがこんな状態でした。

ちなみに今年、チヌのトップゲームでシンペン(すごいよ!マサルアー)を表層巻き巻きしていたらこんなアオリイカが釣れたことも。

ガッツは認めます。

【次ページ:大型アオリが好みやすいポイントとは?】

タグ: