[宗さんからの寄稿] 橋脚がダメならオープンエリア?厳寒期にも使えるシンペンのボトムリアクション釣法

タグ: /
2017年10月31日 (最終更新日:2018年12月13日)

お誘いを受けて楽しみにしていた釣行。仕事終わりにウェーディングへと向かった

10/9 24:00~ 中潮 下げ 晴れ

いち早く入水していた仲間はすでに2桁ヒットという状況。

コンスタントに釣れるがサイズが出ない様子だ。

私も合流してすると、セイゴに60cmを超えそうなニゴイのスレ掛かり、座布団の様なエイにルアーを持っていかれ、疲れて納竿となった。

10/10 0:00~ 中潮 下げ 晴れ

そして再び戻ってきた。前日の復習も兼ねての釣行だ。

この日は何故か貸切状態。

先ずは明暗部の表層をシンキングペンシルで探ってみる。

前日の情報だとベイトはサッパらしい。

9cm以下のルアーはひとつしか持っていなかったので、シルエットがハッキリとしにくいクリア系のカラーで狙ってみるが、魚の反応は得られなかった。

そうこうしていると下流側のオープンエリアでは65cmを筆頭にスズキサイズが釣れているとの情報が舞い込んで来る。

この日はスズキサイズを獲りたくて来ていたのを忘れていた٩( ‘ω’ )و

【次ページ:オープンエリアに移動!注目するのは底にある障害物】

タグ: