磯エギングで大爆釣?メジャークラフトの「トリプルクロス」を使用して磯からアオリ攻略

タグ:
PR
2017年12月30日 (最終更新日:2018年01月05日)

メジャークラフト[Majorcraft]の「トリプルクロス」を使用して、ヒロセマンが磯からエギングを展開する動画が公開された。

サイトフィッシングで釣果を伸ばしていくヒロセマン。映像にはイカのバイトシーンまで収録されているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

「トリプルクロス」を使用して磯エギング

場所は和歌山県湯浅で、ヒロセマンが同社の「トリプルクロス」を使用して、磯からエギングを展開する動画が公開された。

映像内ではサイトフィッシングを楽しんでおり、イカがエギに飛びつく姿は興奮ものだ。

秋イカエギングの攻略法

春イカと異なり、秋イカは激しいアクションを好む傾向がある。2.5号から3.0号のエギをショートピッチでシャクると好反応を得られるだろう。

秋イカは磯際に付いていることが多いので、ポイントに入ったら遠投するのではなく近距離から攻めていこう。

こうすることで場が荒れにくくなり、数釣りが可能となる。

好奇心旺盛な新子のイカはエギを追いかけてくることが多々ある。

ピックアップ寸前で抱きつくこともよくあるので、回収間際まで気を抜かないようにしよう。

チューブラーとソリッドティップの使い分け

チューブラーティップは操作性に優れているため、アングラーの思うようにエギを操作できる。

またロッド全体にハリがあるため、軽快なキャストフィールを得られる点が特徴だ。

一方でソリッドティップは、繊細なイカパンチを確実に乗せるのに適している。

潮の流れが効いた、沖目でショートバイトを拾うような釣りにはソリッドティップモデルを使用すると良いだろう。

スリル満点のサイトエギング

映像内のようにイカを視認しながら釣る釣り方を「サイトフィッシング」と呼ぶが、釣る対象が見えている分スリル満点だ。

特に秋に有効な釣り方だが、それ以外の季節でもできる釣り方なので、イカが見えたら本動画を参考に狙ってみよう。

メジャークラフト「トリプルクロス エギング」

メジャークラフト初のエギングロッドとして登場した「トリプルクロス」シリーズが、12年の時を経て最新スペックで登場!

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) エギ(号) PE(号) 価格(円)
TCX-S862EL 8.6 2.0-3.5 0.4-1.0 16,000
TCX-S862E 8.6 2.5-3.5 0.4-1.2 16,500
TCX-832EL 8.3 2.0-3.5 0.4-1.0 15,000
TCX-862EL 8.6 2.0-3.5 0.4-1.0 15,500
TCX-832E 8.3 2.5-3.5 0.4-1.2 15,500
TCX-862E 8.6 2.5-3.5 0.4-1.2 16,000
TCX-862EH 8.6 3.0-4.0 0.6-1.5 16,500

(太字は動画で使用されたタックル)

製品ページはコチラから

メジャークラフト「弾丸ブレイド」

コストパフォーマンスが優れた日本製PEライン<弾丸ブレイド>。新設計による編み込み方法で、操作性に優れた「低伸度」と、水中の変化やアタリを感じる「高感度」を実現。初心者でも使いやすいように表面をコーティングし、適度なハリを持たせることであらゆる釣りに対応し、ガイドへの糸絡みなどライントラブルを軽減しています。ショアなどで活躍する視認性に優れた単色タイプに、オフショアで有利や10mマーカータイプもラインナップ。

ラインナップ

4本編み150mモデルは0.6号〜2.0号、1100円

4本編み200mモデルは0.6号〜3.0号、1400円

4本編み300mモデルは0.8号〜3.0号、2000円

8本編み150mモデルは0.6号〜2.0号、2100円

8本編み200mモデルは0.6号〜3.0号、2700円

8本編み300mモデルは0.8号〜3.0号、3700円

製品ページはコチラから

タグ: