テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>流行りのマイクロジギングに挑戦!ヒロセマンがそのコツを徹底解説

流行りのマイクロジギングに挑戦!ヒロセマンがそのコツを徹底解説

by メジャークラフト

タグ: / / / /

公式 2017年12月08日

ヒロセマンが船からのマイクロジギングで、マダイをはじめとした五目釣りを楽しむ動画が公開された。ポイントの水深によって、バーチカルとキャスティングという2通りの攻め方でターゲットを狙っていく。近年流行りのマイクロジギングのコツをぜひ動画で確認してみてほしい。

ヒロセマンが船からのマイクロジギングで、マダイをはじめとした五目釣りを楽しむ動画が公開された。

ポイントの水深によって、バーチカルとキャスティングという2通りの攻め方でターゲットを狙っていく。

近年流行りのマイクロジギングのコツをぜひ動画で確認してみてほしい。

マイクロジギングの2通りのアプローチ方法を解説

場所は鹿児島県錦江湾で、ヒロセマンが近年流行りのマイクロジギングを楽しむ動画が公開された。

ディープエリアはバーチカルに、シャローエリアはキャスティングで攻めるといったように、ポイントに応じてアプローチを変えていく。

マイクロジギング開発者による解説もあるので、要必見だ。

マイクロジギングの特徴

タングステン製の高比重コンパクトジグを使用するため、活性の低い状況や潮が効いていない状況でも口を使わすことができるのが特徴だ。

本動画で紹介されているように様々なカスタムも可能なため、自分だけのオリジナルセッティングを創作する楽しさもある。

バーチカルでのマイクロジギング

真下にルアーを落とし、ボトムをとったのち中層まで巻き上げるという操作を1セットとしてこれを繰り返す。

タイラバと同じ要領の誘いであるため、タイラバ経験者であればすぐにコツをつかめるだろう。

キャスティングでのマイクロジギング

潮が効いていない状況や、水深が浅い場合にはキャストして広範囲を探るのが効果的である。

リトリーブ速度を変えたり、軽くトゥイッチを加えるなどアクションに変化を入れることで魚からの反応を得やすい。

低活性の魚をマイクロジギングで仕留めよう

メタルジグやタイラバといったルアーでは仕留めきれないターゲットに照準をあて、低活性の魚にも口を使わせることができるマイクロジギング。

タックルボックスに2~3個忍ばせておけば、他のアングラーと大きく差をつけることができるだろう。

メジャークラフト「三代目クロステージ マイクロジギング」

かつてジギングロッドの本格入門用ロッドとして登場したクロステージ ジギングシリーズ。ショア用の3代目クロステージの登場に合わせてオフショア用も一新します。ショアモデル同様オフショアシリーズも入門ロッドの枠を超えて、上位機種に劣らない軽量かつシャープな使い心地の性能をブランクに注入。定番のジギングアイテムから最新の釣方に対応する電動専用・スロージギング専用モデルもラインナップ。持ち運びに便利な完全2ピースもアングラーの声から生まれました。

ラインナップ

モデル名 長さ(ft) ルアー(g) PE(号) 価格(円)
CRXJ-S742MJ/T 7.4 MAX45 0.4-1.0 12,500
CRXJ-S762MJ/S 7.6 MAX45 0.4-1.0 12,800
CRXJ-B732MJ/T 7.3 MAX60 0.4-1.0 12,500
CRXJ-B762MJ/S 7.6 MAX60 0.4-1.0 12,800

製品ページはコチラから

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト