テーマ別

トップページ>ノット(結び方)>PEラインと太いショックリーダーの結束なら「ダブルユニノット(電車結び)」で決まり!

20150804072810

4723アクセス 2015年08月04日

PEラインと太いショックリーダーの結束なら「ダブルユニノット(電車結び)」で決まり!

タグ:

20150804072810

出典:Double Uni Knot With A Bimini Twist-Saltwater Experience – YouTube

ラインを二重にすることで強い結束をすることができる「ビミニツイスト」。そのビミニツイストで強度を上げたラインと、太いフロロカーボン製のショックリーダーを結ぶ際に有効なのが「ダブルユニノット電車結び)」だ。

ハリが強く、複雑な結びに向かない太いフロロカーボンリーダーを結束する際に参考にしよう。

ビミニツイストでの「ダブルユニノット(電車結び)」

結び方は通常の「ダブルユニノット(電車結び)」と変わらない。結束強度に不安がある人もいるかもしれないが、太さに差のあるPEラインとフロロカーボンラインで行えばすっぽ抜ける可能性はかなり低い。

  1. ビミニツイストしたPEラインでリーダーに8〜9回巻き込んだユニノットをする。
  2. 軽く結び目を締めて仮止めする。
  3. 1と同じようにリーダーでPEラインに8〜9回巻き込んだユニノット。
  4. 結び目を整えつつキツく締め完成。

結束強度も心配なし!

一見強度に心配がありそうなノットだが、締込みさえキチンと行えば初心者でも行え強度にムラが出ないのでオススメの結び方だ。しっかりマスターしよう。

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト