トップページ>料理>釣れたサバを生より美味しく! 「しめ鯖」の作り方

釣れたサバを生より美味しく! 「しめ鯖」の作り方

タグ: /
アクセス 2015年08月02日

20150802172645

出典:しめ鯖の作り方・・・・大和の 和の料理(しめ鯖) – YouTube

鮮度が落ちやすく保存に向かないサバの保存性を上げ、さらに美味しく加工することができる「しめ鯖」(関西では「きずし」)の作り方を紹介する。

サバをたくさん釣ったときに保存期間も伸び、味も美味しくなるため一手間加えて試してみよう。

しめ鯖の作り方

  1. サバを3枚に下ろす。
  2. 下ろしたサバに塩を振って6〜7時間置き、水分と臭みを抜く。
  3. 中骨を取り水で塩を洗い流す。
  4. 酢・薄口醤油・昆布をいれた容器に20分ほど漬け込んで完成。

食べる前に薄皮を剥ぐのを忘れないようにしよう。

釣ったサバを大切に食べよう

サバは「サバの生き腐れ」という言葉があるように痛みやすい魚。

せっかく釣った魚の命を無駄にしないようにたくさん釣ったときは保存できる「しめ鯖」に挑戦してみよう。

関連記事

持ち帰って食べるなら必修科目! 「サバ」の正しい締め方

「サバ」の捌き方を解説!身が柔らかいサバを捌くためのコツ

タグ: /