[まるりんさんからの寄稿] 愛され続ける名作ルアー!「ザラ」3種の使い分けのコツをお教えします

タグ: /
2017年10月04日 (最終更新日:2018年12月13日)

「ザラスプーク」3種の使い分けのコツ

それぞれの特徴から使い分けるとするならば、まずやはりオリザラを基準と考えて、狙う魚や状況に応じて使い分けます。

狙う魚をビッグバスに絞りたい、広範囲に遠くから、カバー奥から、ディープからバスを引っ張りたい、マッディーウォーターなので気付かせたい、と言う場合はスーパースプークを。

波立ってきた、流れが強いといった状況でもアピールしたい場合はスウェイバックザラスプークを。

普段と変わらない状況、初めてのフィールド、バスの状態をチェックしたいといった場合はオリザラを選ぶと思います。

こちらはオリザラの最新動画です。

面白いのでご覧ください。

トップウォーターが有効な季節とは?

随分と秋めいてきましたが、トップウォーターで釣れるのはいつまでか?

トップウォーターしかしないトッパーと言われる方は年中トップを投げ、真冬でも釣られています。

ただ当然、冬は釣り辛いのは事実。

私はオールラウンドに釣りをしますが、11月末(地域により変わります)までならトップを投げます。

月日よりも水温とベイトを意識します。基準は水温20℃であれば問題なくトップで釣れ、14℃くらいまでは、その日の時合いに合わせればよく釣れます。

特に表層にベイトが群れていて、ボイルがあればトップを投げるべきです。

この動画は12月のクリスマスシーズンにヘドンのウンデッドザラスプークで釣った動画です。

ということで、まだまだトップで楽しめますので是非ザラを投げてみてください。

まるりんさんに質問したいことがある方は、YouTubeかSNSのコメント欄からどうぞ

この記事を書いた人

まるりん

まるりん

アメリカ最大手プラドコ社等からサポートを受け、バスフィッシングの原点を模索中。YouTubeでも大人気の凄腕アングラー。
タグ: