テーマ別

トップページ>シーバス>Xアクションがスレた魚にスイッチを入れる!ジップベイツから飛距離とスローさを両立させたシンキングペンシル「ザブラ クロストリガー」が登場

PR 2017年10月07日

Xアクションがスレた魚にスイッチを入れる!ジップベイツから飛距離とスローさを両立させたシンキングペンシル「ザブラ クロストリガー」が登場

ジップベイツ[ZipBaits]の新製品「ザブラ クロストリガー」が2017年10月に発売される。

この「ザブラ クロストリガー」は、同社の地元にある浜名湖で、クロダイ専用として開発されたシンキングペンシルだ。

目次

  1. 開発期間は2年!自信作「ザブラ クロストリガー」の特徴
  2. テスター大野氏がルアーに込める想い
  3. プロジェクトがスタートしたきっかけ。最初は課題だらけだった
  4. 特に難航したのはウエイト配分。そこに光明を見出した素材とは
  5. 困難を乗り越えようやく完成!結果が出るのは早かった

磨き上げられた「ザブラ クロストリガー」の特徴

MAG-DRIVE & Tungsten-base alloys (飛距離)

抜群の飛距離の秘密は、ジップベイツの技術である「マグ・ドライブ」システムにある。

これはキャスト時にウエイトが中心から離れ、後方に重心を集めることができるものだ。

さらに前後にバランス良く配置された合金タングステンとの相乗効果によって、圧倒的な飛距離を実現している。

sensitivity (感度)

周囲が暗くて見えにくいナイトゲームでは、ルアーで潮の流れを感じとれることは大きなアドバンテージとなる。

従来のルアーをサイズダウンするのではなく、度重なる形状変更とウエイト配分を経て、潮の流れを敏感に感じ取れるルアーとなった。

horizontal-position (水平姿勢)

水平姿勢を保てるため、ルアーに重量を持たせつつもスローなアプローチが可能だ。

これにより浅場に生い茂る藻の上をトレースすることも。

フォール中に発生するバイブレーションでも、ターゲットを魅了する。

【次ページ:年間釣行日数は300日!テスター大野氏がルアーに込める想い】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー