[スズシゲさんからの寄稿] 大型ルアーだけに好反応?ペンシルベイトを大きくしてチヌをヒットさせるローテ術

タグ: / /
2017年09月28日 (最終更新日:2018年12月13日)

サイズ90mm以上のルアーにしか反応しない!?

心が折れかけながら、ルアーチェンジ。

バイトがうまく乗らない(ルアーが弾かれている)ので、水抵抗の強い70mmクラスのペンシルにチェンジ。

同じコースをドッグウォークでトレースするも、反応なし。

うーん、もう場荒れしちゃったから無理かな?

と、思いつつルアーを別の90mmクラスのペンシルにチェンジ。

同じコースをドッグウォークでトレースすると、バシュッ!

激しい水しぶきが再びルアーを襲いました。

で、出た!

さっきフッキングした個体と同じか別かはわからないけど、とにかくヤル気のある個体が目の前にいる!ということで一気にヒートアップ!

やはりなかなかフッキングせず、断続的なポーズを入れつつドッグウォークさせると再びバシュッ!という水しぶき。

ロッドにググーッという強い重みを感じてから、追いアワセを決めてファイト開始!

強烈なトルクのある引きを感じながら、コシの強いメバリングロッドで対応。

上がってきたのは、41cmのチヌでした。

トップに出るチヌは大型が多いのが魅力ですね。

フロントフックが下顎にフッキング。

下から突き上げてきて反転バイトした掛かり方です。

うまく竿が曲がり、スムーズに寄せてこれました。

ヒットには持ち込めませんでしたが、その後も110mmクラスのペンシルを投げてバシュッ!というバイトが続きました。

90mm以上のルアーサイズに好反応だったことを考えると、捕食物としてではなくテリトリーへの侵入者に対する威嚇としてバイトしてきたのかもしれませんね。

ルアーサイズを落とすと反応しなくなる、という面白いゲームでした。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」も、よろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2017年9月10日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ブリーデン「ブリーデン(BREADEN) ロッド GlamourRockFish GRF-TR85PEspecial」

リール/ シマノ「ナスキー C2000」

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: