[スズシゲさんからの寄稿] 大型ルアーだけに好反応?ペンシルベイトを大きくしてチヌをヒットさせるローテ術

タグ: / /
2017年09月28日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちは。ブログ「淡路島ライフ」のスズシゲ(@szksgnb)です。

今回ご紹介するのは、チヌのトップゲーム。

今年はこだわったわりになかなか結果が出ず、ようやく1匹釣ることができました。

トップに出るチヌは大型が多いのが魅力ですね。

時間帯は昼間、潮が下がるタイミング

今回はデイゲーム。

潮が引いたタイミングを見計らって、潮位が低いエリアにエントリー。

大潮の干潮だったので、潮位はだいたい30〜40cmほどです。

チヌトップのポイント選定は風向きがミソ?

まず初めにエントリーしたシャローは、風の影響を受けまくり。

海面がさざなみ立ち、トップで狙うには厳しい状況。

ただ、過去直近で何度かチヌのバイトを得ているポイントなので、魚がいないわけではないはず。

(ちなみに、バイトは得られたもののポッパーがぶっ飛ばされたりラインブレイクしたりで、結局ランディングに持ち込めていません)

しかし、風表となりアマモが多く漂ってルアーに引っかかり、釣りになりません。

早々に別のポイントへ移動します。

風裏へ移動すると無限バイトが発生!

似たような潮位のエリアを選定し、風を背に受けるポイントへエントリー。

小場所なので、ルアーをある程度ローテーションします。

まずはポッパーでサーチ。

…反応なし。

続いて90mmのペンシルを投入。

ドッグウォークで広く探ると…バシュッ!

出た!

派手な水しぶきがルアーを襲います。

しかしフッキングには至りません。

ヤル気のある魚はいる。

しかし、食いきれない。

もっとスローに攻めた方が食いやすいかな?と思い60mmクラスのペンシルに変更。

ドッグウォークで同じコースを攻めると…反応なし。

あれ?おかしいな?と思い、先ほどの90mmのペンシルにもどすと…バシュッ!

出た!

ネチネチと探ると、何度も激しい水しぶきでアタックしてきます。

しかし、なかなか乗りません。

4度目のアタックで、竿先に上手く重みが乗りました。

よっしゃ、乗った!とアワセると、プツン…。

まさかのラインブレイクで終わりました。

ちゃんちゃん。

圧 倒 的 脱 力 感 で す 。

【次ページ:再びチャンス到来!今度は逃さない!】

タグ: