[RyoHさんからの寄稿] 釣れなかったときの経験を活かす!秋の好釣果を予感させる貴重なヒラメ

タグ: /
2017年09月13日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちわ!「グッドハンドフィッシングブログ」のRyoHです!

8月も終盤!あと少しで北海道は秋ヒラメシーズンです!このシーズンが待ち遠しくてたまりません。

実は7月中盤くらいから、かなり渋い状況が続いており、僕自身が気分的に夏枯れで…(;´Д`)

中々やる気が出ず、ヒラメ狙いも散漫になっていたんですが、今週はそろそろ出さないとヤバいぞ!と、ヒラメ狙いに行ってきました!

スタートは早朝の3時半頃からスタート!

まだ暗い時間帯です!

この頃は日の出の時間が随分と遅くなってきていて、早朝の5時頃までは暗いです。秋が近づいているなと感じます。

去年のこの時期は、1匹もヒラメを出すことができなかったので、去年のリベンジです。

今年こそ実績を上げるぞと気持ちを無理やり高めながらキャストしてました(^^;)

昨年とは違う攻め方

去年は渋い状況ではタダ巻きがいいだろと、ひたすらタダ巻いてた記憶があるんですが…。

こりずに今年もタダ巻きをベースに狙っていきました!

去年はココのコースじゃないとヒットしないだろうと、固定概念に縛られていたのですが、今年は一つ進歩しました。

去年狙わなかったコースを丁寧にタダ巻きで狙っていると…。

ゴッ!とくわえた感覚が伝わってきました!

タイミングを合わせて、鬼フッキングすると!

グンッ!!としっかりとフックアップ☆

あまりサイズはなさそうですが、今年はきっちりとフックアップまで持ちこめた事が非常に収穫でした☆

焦らず慎重に寄せて、無事にタモ入れ完了☆

ギリギリヒラメサイズの41cmでした(^^;)

カワイイサイズですが、来年のためにもありがたい実績☆

まだ薄暗い時間帯だったので、パッとストリンガーに通し、キャストを再開します。

数キャストタダ巻きで通すも、バイトはなし!

正反対に、激しめの動きでリアクション気味に口を使わせようと、今度は激しめのジャークとフォールの釣りに切り替えて数キャスト目!

フォールでボトム着底後、3シャクリ目でガゴンッ!!と金属的なバイト!!

フッキングするも、フックアップせず(・・;)

一瞬重さがノッた感じからして、50~60cmはあったなと、一人凹む(´-∀-`;)

その後、アイテムを変えたりと色々と探るもパッタリと反応は止まりました。

悔しさを残しつつも、最後に持って記念写真を撮り、

ストップフィッシングとなりました!

まだまだ実績が足りなく、今時期のこのエリアのパターンがイマイチつかめていませんが、来年のためにも1歩良い方向に近づけたヒラメ釣行となりました☆

今シーズンヒラメ狙いは5月からスタートして、これで21匹目!

これから徐々に秋ヒラメシーズンなので、数よりも良いサイズと出会えるよう11月くらいまでヒラメ狙いを頑張りたいと思います☆

本日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆

わたくしRyoHのブログ「グッドハンドフィッシングブログ」もよろしくお願いいたします☆

釣行データ

釣行日

2017年8月31日

釣行場所

日本海方面

天気・潮汐

曇り時々晴れ・長潮

今回のタックルセッティング

ロッド / バレーヒル「サイファリストフラットセイバー CPFS-99M/FLAT」

リール / シマノ「16ナスキー」C3000HG

この記事を書いた人

RyoH

RyoH

元スケートボーダー。マッサージサロン「GOOD HAND」の経営者で、ずば抜けた集中力で好釣果を上げる凄腕アングラー。
タグ: