[Aji-canさんからの寄稿] シーバス初挑戦の友人にガイド!初めての1匹は何物にも変えがたい一生の思い出

タグ: /
2017年09月15日 (最終更新日:2018年12月13日)

諦めなければ結果は出る

今から10年くらい前。

友人から「シーバス釣りに行こう!」と誘われたのがシーバス釣りを始めるきっかけだった。

今ほどシーバスの情報が手軽に入らず、友人以外に知り合いもおらず、釣具屋のローカルな情報だけが頼りの綱。

マップもナビも何もなく、土地勘のない道をひたすら走り回っていた日々。

何年も通って通ってようやく手にした1匹の重みを今でもはっきり覚えている。

たとえ釣れなくても、諦めずに追い続ければ必ず結果が出る。

あとは出た結果を偶然にするか、必然にするかは努力しだいなんだよ。

と、宴会の席で若手に話していると、突然「オレ、シーバスやります」。

静かだが力強い言葉。

ふたつ返事ですぐ釣行スケジュールを組んだ。

シーバス初挑戦の際に気をつけたこと

その彼は今までバスの経験はあるが、シーバスは未経験。シーバスの道具は少しならあるとのこと。

直近の天候や潮に合わせてスケジュールを微調整していき、何より苦労したのがポイント選びだった。

まずは釣れるかの問題よりも、安全面。

運悪く8月後半の秋田は大雨で河川は増水。

ベテランでも釣りをすのが難しい状況。

それに彼は少し音が聞き取りにくい。

これは凄く怖い。

もし、こっちの注意が正しく伝わってなかったら…だから近くで並んで釣りの出来る場所や時間帯、彼の経験に合わせたポイント選びを行った。

とにかく気を使う。だが、苦ではない。

あの熱意に応えたい。頑張るしかない。

【次ページ:迎えた釣行日!さっそく明確な手応えが!】

タグ: