スナップとラインの結束は「漁師結び」で!ダブルラインで強度もピカイチ

タグ: /
2015年07月29日 (最終更新日:2019年01月21日)

20150728152037

出典:完全結び(中村 透) – YouTube

簡単で強いノットはたくさんあるが、「シンプルイズベスト」で初心者でも上級者でも同じ強度を実現できるノットが「漁師結び」だ。別名「完全結び」とも呼ぶ。

漁師、つまりプロが使うノットとして強さに定評のある「漁師結び」をマスターしよう。

ラインと金具・ルアーを結束する「漁師結び」

  1. ラインを2つ折りにしてアイに通す。
  2. 2つ折りにした部分と本線を重ねる。
  3. 端糸で本線と2つ折りの部分を5〜6回巻いて束ねる。
  4. 端糸を2つ折りの輪に通し、結び目を湿らせる。
  5. 本線と端糸を交互に引いて締め、余った部分を切ったら完成。

非常にシンプルで工程数も少ないノット。PEラインの直結にも使えるほどの結束力で、太いラインや、細いラインでも柔軟に対応できる。

注意点は最後の締め込み時に本線と端糸を交互に引いて結び、結び目を整えること。

巻き数を増やすと強度も上がる

巻き数を増やすことで強度も上げることのできるこのノット。

簡単で誰にでも使えるノットなのでまだ知らない人がいたら教えてあげよう。

この記事を読んだ人が次に読むのは

「パロマーノット」の結び方を解説!スナップとの結束はこれで決まり

結束方法の基本中の基本!「クリンチノット」でラインとスナップを結束しよう

タグ: