テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>ライトの色で釣れる魚が変わる?ハピソンのかっ飛びボールを使ったナイトゲーム攻略法

ライトの色で釣れる魚が変わる?ハピソンのかっ飛びボールを使ったナイトゲーム攻略法

by ハピソン

タグ: / / / / /

公式 2017年08月31日

ハピソン[Hapyson]の「かっ飛びボール」は驚異的な明るさを実現したLED搭載の新しいフロートリグ。メバリングやアジングにはもちろん、 タチウオやアオリイカの探り釣りにも使用できる。現在は3色がラインナップされているが、この光の色でどうやら狙える魚が変わってくるらしい。

ハピソン[Hapyson]の「かっ飛びボール」は驚異的な明るさを実現したLED搭載の新しいフロートリグ。

メバリングやアジングにはもちろん、 タチウオやアオリイカの探り釣りにも使用できる。

現在は3色がラインナップされているが、この光の色でどうやら狙える魚が変わってくるらしい。

目次

  1. 光の色で狙える魚が違う?色ごとの特性
  2. この魚にはこのカラー!魚種ごとの使い方(ライトゲーム編)
  3. この魚にはこのカラー!魚種ごとの使い方(フィッシュイーター編)

光の色で狙える魚が違う?

レッドカラーの特徴

人にはよく見えるが、大多数の魚には気づかれにくい色。

グリーンカラーの特徴

人からはよく見え、シーバスやチヌにも気づかれる事がある色。

シーバスやチヌに邪魔されたくない場合に有効だ(※水質や状況などによりシーバス、チヌが釣れる場合もあり)。

ブルーカラーの特徴

人にも魚にも認識されやすい色。赤と緑は集魚効果より人にとっての視認性をメインに考えているのに対し、青はタチウオなどを引き寄せる集魚効果が高い。

【次ページ:この魚にはこのカラー!魚種ごとの使い分け方(ライトゲーム編)】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト