テーマ別

トップページ>シーバス>[宗さんからの寄稿] 河川の流れを有効活用!シンキングペンシルでスズキサイズのシーバスを攻略

[宗さんからの寄稿] 河川の流れを有効活用!シンキングペンシルでスズキサイズのシーバスを攻略

タグ: / /

アクセス 2017年08月29日

東京の寄稿アングラー宗さんの釣行記!雨続きでポイントが絞りにくくなった状況でシーバスを見事ヒットに持ち込みます。釣果のカギは餌となる小魚と、シーバスが身を隠せる障害物。いったいどのようにして攻略したのでしょうか。

東京は、台風が過ぎてから梅雨の様な毎日が続いていた。

雨後の恩恵を受けられると思いきや、ホームエリアのデイゲームでは、水量の多さに潮位が中々下がらず、濁りもキツいうえに魚数も少ない状態。

それでもカキ瀬やシェードなどのストラクチャーには、1匹か2匹のシーバスが着いている様子だ。

どうやら流れてくる底物ベイトを待って捕食している様で、バイトの感触はゴミを拾ってしまったのかと言うほどノソッとした弱いものばかり。

そして食わせるも、下手くそなランディングでモタモタとしてバラす日々。

来年の今時期の予習と復習を兼ねてホームエリアにこだわり、魚が着くポイントを絞ってきたが、釣果が付いてこないのでシビレを切らした。

ということで、釣り仲間が前日に釣果をあげたポイントにナイトウェーディング。

ここは初めてウェーディングを教えて貰ったポイントでもあり、4回目位の入水。久しぶり過ぎてどの位の潮位で入れるのか忘れてしまうほどだった。

8/22 18:00~ 大潮 下げ 晴天 河川

橋脚と明暗の絡むポイント。上流側と下流側に2~3人づつしか入れないポイントだったので入水出来るか心配だったが、土手から見下ろす限り誰も居ない。コレはコレで不安にもなる。

岸際にイナっ子が固まっていて、明暗の境やストラクチャーに絡むシャローの至る所でボイルが発生している。

ライトを当てて見るとイナッコのサイズは7~8cmほど。

もう少し潮位が下がるのを待つ間に、明暗をロンジンの「レビンライト」で探ってみるが水面を意識している様でバイトには繋がらない。

2回目のキャストで着水と同時にオチパクしてきたと思いきや、スレ掛かってきたのはダツの様なサヨリの様な細長いヤツ。

表層をイメージしてシマノの「クー」を投げてみるけど反応を得られず、ヒットさせるのはなかなか難しいみたい。

ここで諦めるわけにもいかないのでもう一度「レビンライト」で潮目の向こうに投げ入れ、流速が弛む所までテロテロと潮目を流していると…。

「パグゥ!」

っと少し勢いのあるバイトが手元に伝わり、巻きアワセを入れてからロッドを煽るとドラグが全く出ないサイズだった。

【次ページ:今度はルアーチェンジすると1発でヒット!】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト