テーマ別

トップページ>ブラックバス>ダイワからバス用ルアー「パワーフィネスジグ SS」が登場!食わせ性能を高めた球体化設計

ダイワからバス用ルアー「パワーフィネスジグ SS」が登場!食わせ性能を高めた球体化設計

タグ: / /

アクセス 2017年08月18日

ダイワ[DAIWA]からブラックバス用ルアー「パワーフィネスジグ SS」が登場した。狙いにくいカバーの奥が攻めやすく、違和感なく食わせることを考慮した球体化設計となっている。

出典:DAIWA : パワーフィネスジグ SS – Web site

ダイワ[DAIWA]からブラックバス用ルアー「パワーフィネスジグ SS」が登場した。狙いにくい障害物の奥が攻めやすく、違和感なく食わせることを考慮した球体化設計となっている。

「パワーフィネスジグ SS」の特徴

球体化設計となっているのが大きな特徴の本ルアー。激しいカバーに対してすり抜けやすく、バスに対して違和感なく食わせることが可能だ。

例えば木などにぶら下げてバスを狙うちょうちん釣りの際に大きな効果を発揮する。

この釣り方は、本来ならラインを結ぶアイの角度が90度であるほうが食わせ性能が高くて望ましいが、すり抜け性能が落ちてしまうという問題があった。

しかし、すり抜け性能を重視するために90度のアイのバランスを崩してしまうと、今度は不自然に垂れ下がって食わせ性能が落ちてしまう。

出典:DAIWA : パワーフィネスジグ SS – Web site

食わせ性能を落とさず、高いすり抜け性能を実現するために採用したのが球体理論だ。これはラバーを球体状にカットすることで、食わせ性能とすり抜け性能の両方が高めてある。

バスに違和感を与えにくいため、タフコンディションの時にも効果的となるだろう。

またタックルは激しく覆い茂った草木のなかでもバスを引き出すことができるよう、7kg以上のドラグをフルロックで使用することや、2号のPEラインが推奨となっている。

簡単には攻めることができない障害物にはビッグバスが潜む可能性も高い。本ルアーを使って繊細で豪快なパワーフィネスを楽しんでほしい。

出典:DAIWA : パワーフィネスジグ SS – Web site

「パワーフィネスジグ SS」のスペック

サイズ(g) 価格(円)
2.7 550
3.5 550
4.7 550

「パワーフィネスジグ SS」の発売日

2017年9月発売予定

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト