[サオタロウさんからの寄稿] パーツの取り付け方から詳しく紹介!非力な私がカヤックを楽々カートップする方法

タグ: / /
2017年08月24日

ハイエースにカヤックをカートップしてみる

ハイエースにルーフキャリアを取り付けた後の地上高は205cm位で、キャリアパッドの厚みを入れると207cm位です。

※車載の荷物重量で若干の誤差はあります。

さて、この約210cmの高さにシットオンカヤックを持ち上げるのですが、カヤックは持ちやすくて重量が軽いものがやはり楽でしょう。

今回のドナーはパーセプション社の「トライブ11.5」なのですが、これは全長11.5フィート(348cm)で本体重量24kgと非常に取り回しが良くサイズ感の非常に優れたカヤックです。

ちなみに私の身長は165cm、体重は55kg、そう小柄です。

そして非力でもあります。

しかしそんな私でもこの「トライブ11.5」(重量24kg)であればこのままでも「よいしょっ」と持ち上げることで十分カートップが可能なのですが、しかしそこはもっと楽にこなしたい。

なのでルーフキャリアに+αの改良を加えましょう。

その+αがこちら。INNOの「バーエンドフック」なる商品です。

ビヨーン、こんな感じで伸びます。

これは元々ウエットスーツなどを干すための装置ですが、それを流用します。

ちなみに前後の200cmのバーを繋いでいるのは同じくINNOの「クロスホルダー」というパーツです。

これで準備は整った。

さあ、載せていきましょう。

次ページ:後は乗せるだけ!楽々な方法を紹介!

タグ: