[RyoHさんからの寄稿] 動きの強弱で青物を誘う!マイクロベイトパターン攻略にポッパーを選んだ理由とは

タグ: / /
2017年08月16日 (最終更新日:2018年12月13日)

こんにちわ!グッドハンドフィッシングin北海道!!のRyoHです!

今季に釣ったヒラメは現在19匹!キリの良い20匹目を目指して今回もヒラメ狙いです。

しかも普段行かないスポットへと足を運んでみました!!

その結果…スポットをはずし完敗^^;

北海道は7月後半から8月末までが夏枯れの時期です。

途端に釣れなくなる季節ですが、エリアなどを考慮しながら頑張っていきたいと思います!

沖に青物のナブラを発見

そんな夏枯れでヒラメが渋い中、青物は結構な賑わいを見せていました!

ルアーを投げても届かない、はるか遠くでですが…(^^;)

でも、表面上出ていないだけで、手前に単発でも入っているだろうと予測。

ヒラメ狙いを止め、トップでの青物狙いにチェンジです!

まずはペンシルベイトとジャークベイトをローテーションしながら狙います。すると1度チェイスがありましたが、ルアーに触れるまではいかず…。

次にベイトサイズが小さいのかなとルアーサイズを下げて狙うも、反応せず(-_-;)

サイズ下げてもダメならリアクションで口使わせるしかないかなと、ゆっくりとしたアクションの中に激しくアピール出来るポッパーにチェンジ!

そしてポッパーに変えた2キャスト目で…。

バゴンッ!!!!

というスゴい音と共に水柱がッ!!

今までで一番ドデカい出方で、最高に気持ちの良いバイトを体感しました☆

そして気持ち良くフックアップし、ファイトを堪能させてもらいました!

かなり口を使ってもらえない状況に苦戦しつつも、粘って出せた1匹!

サイズはそこそこでしたが、最高の出方でなまら気持ちの良い時間でした☆

誘い出し最高です☆

釣りを終え、魚を締める際に内臓をチェックすると、かなり小さ目のベイトを捕食していました。

スモールベイトを捕食している状況で口を使わせるのが難しかったですが、色々と試しながらキャッチできた1匹!

非常に勉強させてもらえた釣行となりました☆

ショアヒラメは9月中盤位までは、スポットを選んでしまう感じにはなってしまいますが、

今楽しめる釣りをやりつつ、頑張って渋いヒラメも狙っていきたいと思います☆

週一での釣行で結果を出すのが難しい季節に入っりましたが、これからも良い魚と出会えるよう頑張っていきたいと思います

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

わたくしRyoHのブログ「グッドハンドフィッシングブログ」もよろしくお願いいたします☆

釣行データ

釣行日

2017年7月27日

釣行場所

日本海方面

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド / アブガルシア「ソルティーステージ KR-X SXJS-1102XH80-KR」

リール / シマノ「 ツインパワーSW 5000XG」

ライン/ ラパラ「ラピノヴァXマルチカラー」2.0号

この記事を書いた人

RyoH

RyoH

元スケートボーダー。マッサージサロン「GOOD HAND」の経営者で、ずば抜けた集中力で好釣果を上げる凄腕アングラー。
タグ: