テーマ別

トップページ>ブラックバス>[サオタロウさんからの寄稿] わずか1分で制作できる!ルアー回収機をスマートに持ち歩くための簡単な工夫

[サオタロウさんからの寄稿] わずか1分で制作できる!ルアー回収機をスマートに持ち歩くための簡単な工夫

タグ: / /

アクセス 2017年07月24日

熊本在住のアングラー「サオタロウ」さんからの寄稿!ルアーリトリーバーは、根掛かり時に重宝するが、バッグに入れると持ち歩きにくい。そんな問題を見事なアイデアで解決します。身近なアイテムで簡単にできるカスタム方法をぜひご覧ください。

こんにちは!ブログ「ルアーフィッシング・ラボ」を運営しています。「サオタロウ」です。

オカッパリのバス釣りでルアーを根掛かりさせてロストする。

これほど悲しいことはありません。

ワームならまだしも、ハードルアーって一個一個が高いんです。

例えばガンクラフトの「ジョインテッドクロー尺-ONE」なんてロストした日には、恐ろしいことに一撃で2万円の損失ですよね。

そんな損失を未然に防ぐべく、私が最近導入したルアー回収機がこちら。

ランディングネットのシャフトの先端に、ルアーリトリーバーなる商品を装着したもの。

(ルアー回収機に関する記事はこちら)

2千円ちょっとで買える、「根掛かりしたルアーにとっての救世主」です。

一般的なハードルアーでも1個1000〜2000円はしますので、1〜2個の根掛かりしたルアーを回収できれば十分元が取れます。

ランディングネットは持ってるけど、ルアーリトリーバーは持ってないっていうそこのアナタはすぐに釣具屋にダッシュだ!!

ランディングネットを持ち歩く理由

実は私、最近になってやっとオカッパリのバス釣りでランディングネットを持ち歩くようになりました。

ルアーフィッシングの歴だけは無駄に長いのですが、ちょっと前までは本当に魚を釣ることができず「ランディングネットを持って行ってもどうせボウズだから恥をかくだけだ」と思っていたんです。

それが今年に入ってから、バス釣りの外道で50cmアップの雷魚とか、92cmのランカーシーバスを釣ることがありました。

そのため、不意に釣れる大物(外道)対策にネットを持ち歩くようにしたんです。

ルアーリトリーバーは持ち歩くのが大変

ランディングネットは常時持ち歩くようになりましたので、あとはルアーリトリーバーを一緒に持っておけば、ルアーが根掛かりした時だけシャフトの先端を交換してあげれば良いだけです。

これを、

こうして、

こうですね。

ただこのルアーリトリーバー、持ち歩こうと思うと結構かさばります。

なんと言いましょうか、キーホルダーみたいにしようと思ってもそれらしき部分が無く、

タックルバックとかポケットに入れておこうと思っても、そこそこサイズがあるので無駄にスペースを占領しやがります。

ん〜困りましたね、どうにかして簡単に持ち歩けるようにしてみましょう。

【次ページ:ホームセンターでカスタムパーツを物色】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト