シーバス釣りで使うショックリーダーの選び方 | 種類、長さ、太さ

タグ: / / / / / / / /
2018年05月01日

目次

  1. PEラインを用いるメリット、デメリット
  2. ショックリーダーの種類
  3. ショックリーダーの長さ
  4. ショックリーダーの太さ
  5. おすすめのショックリーダー5選

ショックリーダーの長さ

一般的なショックリーダーの長さ

シーバス釣りのショックリーダーの長さは多くの場合1m前後あれば十分だ。両腕を広げた長さである「1ヒロ(ヒトヒロ)」の半分より少し長めくらいを目安にしよう。

ロッドの長さによっても異なるが、キャスト時にショックリーダーの結束部がトップガイドに入らないくらいか、入るとしても上から2番目のガイドまでに調節するとキャスト時のライントラブルが軽減する。

最低限のショックリーダーの長さ

根ズレの他にも、シーバスのヒレにラインが当たってラインブレイクしてしまう可能性もある。

シーバスが反転した際に魚体にPEラインが接触しない十分な長さを考えると、最低でも50~70cmは必要である。

ランカーやさらにはメーターオーバー狙いの場合には、さらに長いショックリーダーが安全と言えるだろう。しかし、ライントラブルなどとの兼ね合いを考えると、やはり80~1mくらいが無難な長さである。

場所によって長さを変える

場所によってショックリーダーの長さを変えることで、トラブルの低下につながる。

出向く場所によってリーダーの長さを調節するようにしてほしい。

湾岸部

例としては、港湾部などで垂らしを短めにしてテクニカルなキャストをする場合には、ショックリーダーが長いとガイドに接触して飛距離が出ず、トラブルの元にもなりうる。

複雑な障害物によるメインラインの根ズレの可能性を考えると難しいところだが、釣りやすさを考えるとショートリーダーがおすすめだ。

磯などの根の荒いポイントでは、根ズレの危険性が非常に高いため逆にロングリーダーが有利で、場合によっては2ヒロほどとる場合もある。

ショートリーダーだと高確率でメインラインから切られてしまうので注意が必要だ。

次項では、長さと同じく悩みどころの、「ショックリーダーの太さ」について解説していこう。

【次ページ:ショックリーダーの太さ】

タグ:
ツリバカメラ