車がなくても大丈夫! 自転車での釣行を快適にするアイテム5選

タグ: / / /
2015年07月25日 (最終更新日:2018年07月05日)

釣りに行く移動方法とし最も多いのは車での移動。しかし駐車スペースを探す必要があったり、移動にガソリン代がかかったりと良いことだけではない。

釣り場がそこまで遠くないのであれば、自転車はかなり便利な移動手段となるが、荷物を運べる量の制限などのデメリットがあるのも確かだ。

そこで今回は自転車での釣行を快適にするアイテムを紹介していこう。

カバンに入るコンパクトサイズ「パックロッド」

自転車で1ピースや2ピースのロッドを運ぶのはロッドが破損する可能性があるため危険だ。

そこで役立つのが、継数が多くリュックなどにも収納できる「パックロッド」。

以前は継数が多いとロッドの操作感に影響があると言われていたが、現在は技術の進歩でパックロッドでもまったく見劣りしない。

実際に検証した記事もあるので気になる方はぜひチェックしてほしい。

あらゆる交通機関に対応!テイルウォークのコンパクトロッド「アウトバック」を2ピースロッドと比較してみた

釣って持ち帰るなら必須「クーラーバック」

釣った魚を持ち帰る場合には、クーラーボックスではなくクーラーバックがおすすめ。

小型ながらも保冷剤を入れておけば魚の鮮度を保てる。

大型リュックにならそのまま入れられるので、ハンドルに掛けて持ち運ぶ必要もない。

ナビに使えるスマホをハンズフリーで「自転車用スマホホルダー」

車と違いカーナビがない自転車はスマホの地図アプリが頼りになる。

ハンドルに固定でき、安全に地図をチェックできる防水スマホホルダーは用意しておきたい。

安全のため、スマホに触る時は自転車を停止して操作するように心がけよう。

どんな荷物もこれに入れればOK「大型リュックサック」

カバンに全ての荷物を入れる自転車での釣行では、リュックサックの容量は大きいほうがいい。

このサイズならクーラーバックも直接入れられるので、小さいリュックしかない人は購入を検討してみよう。

近年では、リュックとクーラーボックスが一体になっている商品もあるので、気になる方は以下の記事もチェックしてほしい。

クーラーボックスがリュックに!背負って持ち運べるソフトクーラー「アイスミュール」が便利

大切な自転車を守る「盗難アラーム」

釣りの最中に自転車の盗難に遭うと、帰る手段がなくなってしまう。

カギを無断で開けられそうになるのを自動で察知し、スマホに通知を送ってくれる他、アラームを鳴らしてくれるこの装置で盗難対策をしよう。

自転車での釣行は準備が大切

車での釣行は忘れ物などあったときは移動して購入などしやすいが、自転車ではなかなかそうはいかないため事前の準備が大切となる。

準備を怠らず、サイクリングと釣りのふたつが楽しめる自転車釣行に挑戦しよう。

関連記事

【試着レビュー】オシャレすぎるフィッシングウェア!街にも着ていける釣り特化型ジーンズ「The Angler」

1万円以下で買えるおすすめ防水腕時計5選!釣りに役立つタイドグラフまで

タグ: