テーマ別

トップページ>シーバス>[Aji-canさんからの寄稿] 黒でシルエットを強調!ハクパターン攻略のオリジナルカラーを紹介

[Aji-canさんからの寄稿] 黒でシルエットを強調!ハクパターン攻略のオリジナルカラーを紹介

タグ: / / / /

アクセス 2017年07月21日

秋田の寄稿アングラーAji-canさんの釣行記!今回は黒を基調としたオリジナルカラーを製作します。ルアーを選ぶ時に売れ残っていることが多いと感じた経験があるようですが、あえて黒を使う理由とはなんなのでしょうか。

たまに釣具屋に行って思う。

「なぜ黒を基調としたカラーは売れ残ってるんだろう?」と。

アピールが少ないから?

シークレットカラー的だから?

おそらく両方だと思う。

ルアーという買い物は安くない。

わざわざアピールの少ないカラーを好んで買う人は少ないんだと思う。

だから、今回はあえて「黒」を使ったカラーを自分で塗ってみたいと思う。

使うルアーはバレーヒルの「邪道 グラバー HI 89S」。

下地処理の済んだルアーにまずは、

腹側をメインに黒を塗る。

続いて、背中と側面にホワイトパールを塗る。

これだけだと物足りないので背中にチャートをプラス。

さらにテールにかけてブルーをプラス。

黄色→緑→青と綺麗にグラデーションとなるよう注意しながら…

目の周りには赤をプラス。

リップの部分にも赤をプラス。

これで完成。

派手なカラーを使っているが、ミソとなる部分は腹側の「黒」。

普通はピンクやオレンジ、シルバーだがあえての黒。

黒はどんな時でもシルエットが際立つカラーだと思う。

腹部分のシルエットを強調することによって、実際のルアーサイズよりも小さく見せることが出来る。

シーズン序盤の秋田のメインベイトは「ハク」(ボラの稚魚)。

それを好んで捕食しているシーバスにアピールするよう、黒で挑戦しようという思惑。

この作戦が通用するか、あとはフィールドに通ってみるだけ。

東北も梅雨入りして雨が続きそうな予報。

そろそろ美味しい思いをしたい。

できればオリジナルカラーで!

これから雨が楽しみでしょうがない今日この頃。

早く雨が降れ!できれば大増水するくらいに!

aji-canさんのブログはこちら

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト