テーマ別

トップページ>料理>持ち帰って食べるなら必修科目! 「タコ」の正しい締め方

20150723150456

27864アクセス 2015年07月24日

持ち帰って食べるなら必修科目! 「タコ」の正しい締め方

タグ: /

20150723150456

出典:タコの絞め方 一瞬にしてタコの色が変わります。 – YouTube

夏の釣りのターゲットとして、簡単釣れて、食べても美味しい「タコ」。タコはイカと比べるとクーラーボックス内でかなり暴れる生き物なので、釣って持ち帰るときはすぐに締めたい。この記事を読んで確実にマスターしよう。

基本はイカと同じ! 「タコ」の締め方

タコの締め方はイカと同じく眉間を鋭く尖ったもので突き、神経を断ち切る方法だ。頭を引っぱるようにして、専用の道具かナイフや包丁を目の下5ミリ辺りに真っ直ぐ刺そう。

イカに比べてかなり暴れ、締めにくいと思うが力づくで止めながら神経を断ち切ろう。

「タコ」のレシピ

クックパッドでは6,900種類以上のレシピが公開されている。タコを持ち帰ったら見てみよう。

タコのレシピ 6937品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが211万品

釣ったら正しい処理をして美味しく食べよう!

冒頭にも書いたように、タコはその吸盤や足を駆使してクーラーボックスの中で大暴れする。他にも釣魚が入っている場合はタコから被害を受ける可能性もあるので釣ったらすぐに処理するようにしよう。

関連商品

シマノ(SHIMANO) Sephia スライドイカシメ CT-202I セフィアブラック 715500
SHIMANO(シマノ) (2011-08-22)
売り上げランキング: 16,129

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト