テーマ別

トップページ>その他>これも読めば初心者でも釣れる! 夏が最盛期の「タコ」の釣り方まとめ

534355414_afcba91772_b

22089アクセス 2015年07月24日

これも読めば初心者でも釣れる! 夏が最盛期の「タコ」の釣り方まとめ

534355414_afcba91772_b

出典:Flickr – Photo Sharing!CC BY-ND 2.0

昨今エギングが流行しており、イカ釣りは非常にポピュラーだが、実はタコ釣りもなかなか楽しい。ちょうど夏が最盛期なので、この記事ではタコ釣りの方法を初心者でもわかりやすく紹介しよう。もちろん食べても非常に美味いタコ釣りを家族で楽しもう。

日本で釣れるタコ

日本近海に生息するタコは10種類ほど存在するが、釣れるのは主に以下の3種類だ。

  • マダコ
  • アジナガダコ
  • イイダコ

どれも大きさがあり、釣れると重いので手軽だがかなり楽しめる。

猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」に注意

日本で釣れたという報告もある「ヒョウモンダコ」。このタコは一噛みで人間を殺すほどの猛毒「テトロドトキシン」を持っているので要注意だ。どんなタコでも釣れたらすぐに触らず、一度外見を見て判断しよう。

ヒョウモンダコは10cmほどの小型のタコで、外見はまさに豹のような斑模様だ。関東でも発見されているので要注意。

3836657502_8b5629fecb_b

出典:Flickr – Photo Sharing!CC BY-ND 2.0

タコ釣りの時期

fish_schedule_madako

タコ釣りは5〜10月に楽しむことができ、最盛期は夏の7〜8月。秋口はサイズの大きいものが狙える。

タコ釣りに適した場所

タコは暗い場所を好む夜行性の生き物のため、昼は水深深い場所に潜み、夜は浅場で活発に行動している。昼でも獲物が近くにいれば襲いかかるため、ポイントを選べば昼でも楽しめる。

湾内・堤防近辺・砂地が狙い目

タコは甲殻類や貝類、その他小魚などを捕食するため、それらが存在する港の湾内や堤防、砂地に潜む。特に堤防の壁周りなどは良ポイントで身近な場所でも釣れるので、ラン&ガンで探ってみよう。

タコ釣りの道具・タックル

今回はルアーやエギでタコを釣る方法を紹介。重さのあるターゲットのため、パワーのある道具が有効だ。

タコ釣りのロッド

タコ釣り専用のロッドもあるが、シーバスロッドやエギングロッドでも代用が可能。オフショアのロッドだとタコのデイゲームにはキャスティングが必要なため、長さが足りない場合もある。

7ft(2m)前後のやや硬いロッドが使いやすい。

メジャークラフト(Major Craft) タコパラスピニングモデル SPS-S702H/TACO
メジャークラフト(Major Craft) (2013-07-30)
売り上げランキング: 7,663

メジャークラフトのタコ専用ロッド。6,000円ほどで購入でき、長さもパワーもタコ釣りに最適。最盛期は夏だが、フィールドを選べば通年楽しめるタコ釣りのパートナーにオススメだ。

タコ釣りのリール

タコは大きいものがかかると重量もあり、岩場に張り付かれるとかなりのパワーが必要。リールの番数は3000番くらいが釣り上げやすくオススメ。

ベイトリールの方がパワーがあるが、スピニングリールも昼間の釣りなら飛距離が出るため一長一短。現在持っているもので十分だろう。

SHIMANO(シマノ) リール 15ストラディック C3000HG
SHIMANO(シマノ) (2015-06-15)
売り上げランキング: 13,989

シマノから発売されている「ストラディック」なら最高のコストパフォーマンスで、タコ釣り以外も楽しめる。色々な釣りに応用できるので、初めてリールを購入するなら超オススメ商品だ。

【次ページ : 「タコ釣り用のライン・ルアー」など】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト