「サバ」の捌き方を解説!身が柔らかいサバを捌くためのコツ

タグ: / /
2015年07月23日 (最終更新日:2018年06月20日)

2015-07-22 15.22.23

出典 : さばのさばき方 How to cook mackerel sashimi Japanese food – YouTube

夏に入るとショアジギングなどでサバが狙える時期がやってくる。

釣魚としてはもちろん、食用魚としても非常にポピュラーで、ぜひ釣ったら持ち帰って食べたい魚だ。

みなさんは持ち帰ったサバを自分で綺麗に捌けるだろうか。 まだマスターしてない人は、達人の技を見て学ぼう。

「サバ」の捌き方

  1. ヒレの下から包丁を斜めに入れ、頭を落とす
  2. 腹を開いて内臓をかき出す
  3. 背骨に血合いが残るので、軽く包丁を入れてこそぎ落とす
  4. 一度水で綺麗に洗い流す
  5. 中骨に沿わせるように包丁を入れ、腹側を開く
  6. 同じように背側も開く
  7. 背骨の上を滑らすように半身を切り離す
  8. 5〜7を反対側の身でも行う
  9. 掬い上げるイメージで腹骨を身から切り離す
  10. 包丁を使い、軽く皮を剥がす
  11. ある程度剥がれたら、あとは手を使い皮を完全に剥がす
  12. 中骨に沿わせて半身を上半分と下半分に切り分ける
  13. まな板に置いたときに高くなる方を奥にして、食べやすい大きさに切り分ける

動画の中では身が柔らかいサバを捌くための、包丁の選択なども解説されている。

釣った魚の場合は、血抜きと締めを同時に行える「サバ折り」を必ず実践しよう。

サバを使ったレシピ

クックパッドでは7700種類以上のレシピが公開されている。サバを持ち帰ったら見てみよう。

さばのレシピ 7732品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが210万品

上手に捌いて、サバを美味しくいただこう

さまざまな料理ができ、栄養満点なサバ。

捌き方をマスターして、自分で釣ったサバを美味しくいただこう。

関連記事

それぞれの役割を知ろう!釣った魚を捌くなら持っておきたい「和包丁」5選

持ち帰って食べるなら必修科目! 「サバ」の正しい締め方

白飯と相性抜群! 漁師直伝の「鯖の味噌煮」の作り方

関連商品

タグ: