テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>[スズシゲさんからの寄稿] 広いゴロタ浜を手早くサーチ!浅場でもコンスタントにアタリを出す狙い方とは

[スズシゲさんからの寄稿] 広いゴロタ浜を手早くサーチ!浅場でもコンスタントにアタリを出す狙い方とは

ハマチからメバルまで、スズシゲです。

今回はお手軽なプラグ縛りのメバルゲーム。

ハードルアーオンリーなので、手返しよくサクサク探っていける気軽さが魅力です。

シャローのゴロタ浜にエントリー

場所はシャローのゴロタ浜。

時間帯は夕マズメ。

ちょっと潮位が低いのがネック。

潮位100cm以上ないと魚が浮きにくいポイントですが「今日はギリギリいけるかな」という感じ。

シャローのプラグゲームは飛距離が重要

もともと浅場のポイントに、潮位が低いタイミングでエントリー。

遠投しないと魚がいるポイントに届きません。

最初はウレタン系のプラグで攻めましたが、どうにも飛距離が稼げず苦戦。

より自重があり、より飛距離が稼げるハードルアーにチェンジです。

ルアーをあれこれ試してみよう

プラグに飽き足らず、メタルジグを投げたり、あれこれ試行錯誤。

そして、やっとぴったりくるヤツを見つけました。

アピアの「ゴールドワン」です。

着水後、すぐにハンドル1秒2回転のスピードでリトリーブ。

がつん!と20cmサイズのカサゴが食ってきました。

攻め方が同じでも、投げる方向を変えるだけであっという間に2匹目。

ちっちゃくなっちゃった。

12〜13cmくらいのミニカサゴです。

ハードルアーにはあまり反応しないサイズですが、クリア系のカラーだったのでバクリ!だったのでしょう。

日が暮れたらメバルの出番

日没前は夕飯を食べに浮いてきたカサゴの猛烈ラブアタックを受けましたが、日が暮れたらメバルの時間。

風が出てきたので、鉄板系であるブリーデンの「ビーバイブ」にチェンジ。

まずは18cm程度の赤メバル。

攻め方は相も変わらず、着水後すぐにハンドルを1秒2回転でリトリーブ。

これだけ。

非常にシンプルですが、魚からのコンタクトも多く、手返しが早いため広くラン&ガンしたいときにオススメの攻め方です。

そんなこんなで、こちらは白メバル。

先ほどの赤と同じ18cm程度のサイズ感ですが、白のほうが体高がありますね。

ある程度楽しみましたが、これ以上サイズが上がらなさそうだったので納竿としました。

釣行を振り返って

自分基準では「20cm以下の根魚は全てリリース」のため、今日はお持ち帰りなし。

潮位がもっと高ければ、もっと良いサイズが浮いてきたと思います。

メバルのライトゲームシーズンももうちょっとで終わりそう。

今年は尺サイズに出会えるのか?

まだまだチャレンジしてみたいと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私の読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」もよろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2017年5月12日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

晴れ・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ブリーデン「GRF-TR85″PE special” Houri-Island」

リール/ シマノ「ナスキー C2000S」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト