テーマ別

トップページ>ショアジギング>[スズシゲさんからの寄稿] 雨の中でドラグ音が鳴り響く!緊張感あふれるハマチとのファイト

[スズシゲさんからの寄稿] 雨の中でドラグ音が鳴り響く!緊張感あふれるハマチとのファイト

タグ: / / / / / / /

アクセス 2017年07月13日

淡路島の寄稿アングラー「スズシゲ」さんからの釣行記!青物狙いで訪れたポイントは数日前に釣りそこねた場所。リベンジを誓うスズシゲさんは反応がないなかキャストを続けます。その途中に雨が降ってきましたが、それも見方に付けて見事にヒットに持ち込みました。

こんにちは!ライトゲームからショアジギングも楽しみます。ブログ「淡路島ライフ」のスズシゲです。

夏前の青物シーズンも本格化!

誰も釣れない渋い状況下でも、通り雨を味方にしてハマチをキャッチしたのでその実釣レポです。

実は前日にバラしていた

今回の釣行…実は前日に同じ場所でバラしていました。

場所はサーフ。

大型ペンシルを沖へフルキャストし、6秒ほどカウントダウン。

なんとなしにリーリングしていたら、波打ち際でガツン!ガツン!ガツン!

フッ…。

最初のガツン!で「え?マジ?ヒット?」

次のガツン!で「青物だ!竿持ってかれる!踏ん張れ!」

最後のガツン!で「しまった!ドラグキツキツやんけ!ドラグドラグドラグ」。

バラした…。

恥ずかしながら、スナップを結んでいたリーダーがほどけていました。

ここ最近はゴリ巻きで根や海草からロックフィッシュを引きずり出す、タフなライトゲームばかりやっていたので完全に鈍ってますね。

そんなこんなでリベンジマッチ

ということで翌日にリベンジマッチへ行ってきました。

前日と同じサーフにエントリー。

大型ペンシルを沖へフルキャストし、前日と同じようにアプローチ。

海面にイワシがいて波立っているけれど、ボイルはない状況。

青物はむやみに浮き上がらず捕食しているはず。

きっと、いるはず…。

じっくりカウントダウンさせ、ボトム付近を執拗に攻めます。

しかし、まったく反応なし。

「今日は回遊なしか…」

諦めムードの中、周囲のアングラーも帰り支度を始めました。

自分もあと数投したら帰ろうか。

せっかくだから、最後は最近ゲットした夜光のメタルジグでも投げようか。

とルアーチェンジした直後、チャンスがやってきました。

青物をキャッチできたポイントとは

今回青物をキャッチできた最大のポイント。

それは「通り雨」です。

パラパラと雨が降り、雨の波紋が海面に広がるようになりました。

チャンス。

たとえば人間も、雨音が聞こえると「あれ、雨かな」と窓に目をやり外を見ますよね。

青物も雨が降ってくると「あれ、雨かな」と思うかどうかは別として、多少は海面に意識が向かうはず。

そこに、弱ったベイトを模したルアーがフラついていたら…?

幸運なことに、タイミングは朝マズメ。

きっと捕食してくるでしょう。

目論見どおり青物キャッチ!久々に嬉しい釣果

ルアーを替えて、メタルジグを沖へフルキャスト。着水後すぐにリトリーブを開始します!

とはいっても高速リトリーブはせず、フラフラと巻いてきます。

すると突然、グンッ!と竿先が絞り込まれました。

「待ってました!」とアワセを決め、ファイト開始!

柔らかめのシーバスロッドを使用しているため、慎重に寄せます。

前日の反省を生かし、ドラグの調整もバッチリ。

ストラクチャーもないオープンエリア。

時間がかかってもいいので、これは慎重に獲りたい…!

その途中に雨足が強くなり、ザーッという大ぶりの雨になりました。

耳に入るのは雨が身体を叩く音と、ジーーーッというドラグ音だけ。

ずぶ濡れになりながらゆっくり寄せてくること約4分、ようやくランディングできました。

上がってきたのは、グッドサイズのハマチ。

リアフックは口の横にフッキングしていましたが、フロントフックはエラへ。

ちょっとスレ掛かりっぽかったので、ファイトも強烈でした。

その後、雨が止み再びキャストしましたがどのレンジも反応なかったので、納竿としました。

青物が捕食していた小魚とは?

さばいて胃の中をみると、オイルサーディン的なイワシがでてきました。

サイズは7〜8cmほど。

イワシの種類は最近この海域を回っている、マイワシでしょう。

今回のヒットルアー

今回のヒットルアーはマリアの「ムーチョルチア」の35g。

スイミングに定評のあるメタルジグで、ショアジギ黎明期から存在していたロングセラー製品ですね。

雨交じりの曇天だったので、グローカラーが効いたのかもしれません。

メタルジグの中では、比較的リーズナブルなのが嬉しいですね。

その日にマッチした狙い方が重要

リベンジマッチということもあり、久々に嬉しい釣果となりました。

「あと数投して帰ろうか」と諦めが悪かったこと、タイミングよく通り雨が降ってきたこと、すぐにレンジをアジャストできたこと、様々な幸運が重なりキャッチできました。

釣り場の状況を見て、魚をキャッチする最適解を導き出す特訓を続けていきたいです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私の読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」もよろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2017年5月29日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

曇り時々雨・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「ラテオ 100ML・Q」

リール/ シマノ「16 ナスキー C3000HG」

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト