テーマ別

トップページ>料理>持ち帰って食べるなら必修科目! 「サバ」の正しい締め方

2015-07-21 17.52.34

29238アクセス 2015年07月22日

持ち帰って食べるなら必修科目! 「サバ」の正しい締め方

タグ: /

2015-07-21 17.52.34

出典 : サバの締め方【サバ折りで血抜きをする方法】 – YouTube

夏に入りショアジギングなどでサバが狙える時期がやってきた。釣魚としてはもちろん、食用魚としても非常にポピュラーで、ぜひ釣ったら持ち帰って食べたい魚だ。

しかし、釣ったあとの処理が的確にできていないと、せっかく釣りたての新鮮なサバでも味が落ちてしまう。今回はサバを持ち帰るなら必修科目と言える締め方、「サバ折り」のやり方を紹介しよう。

サバ独特の締め方「サバ折り」のやり方

サバを締めるときは神経締めなどではなく、「サバ折り」と呼ばれる締め方が一般的だ。これは首を折って、氷で冷やした海水につけておくことで血抜きを行う締め方。

可能だったらエラを取ってしまうことで、より鮮度を保てるようになる。サバは特に鮮度が落ちるのが早いので、釣ったら確実に締めて持ち帰るようにしよう。

サバを使ったレシピ

クックパッドでは7700種類以上のレシピが公開されている。サバを持ち帰ったら見てみよう。

さばのレシピ 7732品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが210万品

釣ったら正しい処理をして美味しく食べよう!

冒頭にも書いたように、魚はきちんと締めるかどうかで味が大きく変わってしまう。ひとつの命を奪うのだから、せっかくなら正しい締め方を覚えて、より美味しくいただくようにしよう!

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト