夏は特に危険がいっぱい!サーフでの釣りの危険性と必要装備、マナーまとめ

タグ: / /
2017年06月29日

目次

  1. サーフでの釣りの危険性
  2. サーフでの釣りにおける必要装備
  3. サーフでの釣りにおけるマナー

サーフでの釣りにおけるマナー

危険性と同じく注意してほしいのがマナー。しっかりと確認してマナーを守り、気持ちよく釣りをしよう。

サーフには多くの人々が訪れる

サーフには釣り人の他、サーファー、夏場には海水浴客など多くの人々が訪れる。

釣り人の近くで釣りをするのは問題ないが、海水浴客やサーファーの傍でキャストをするのは考え物。

自身が先に釣りをしていて横に海水浴客が来た場合、海水浴客はその危険性に気付いていない場合が多い。

釣り人自身が移動して危険を回避するようにしたい。水着を着用しただけの人にフックが刺さったり、オモリが当たったりしたら大事である。

特に海水浴が許可されているサーフでは十分に注意してほしい。海水浴シーズンにはそのポイントを諦めることも重要だ。

特にサーファーとのトラブルに注意

サーフでの釣りで良く取り上げられるのがサーファーとのトラブル。サーファーは離岸流を利用して沖に出る場合も多い。

逆に釣り人にとって離岸流は好ポイントのため、そこへ入られると非常に迷惑である。

自身が先に釣りをしている場合には、大抵のサーファーは別の場所を利用するだろうが、中には気にせず入ってきて釣りをしている前でサーフィンを始める方もいるだろう。

しかし、それは釣り人でも同じ。サーフィンを楽しんでいる真横で釣りを始めるマナーの悪い釣り人が居るのも事実だ。

よって、釣り人同士でなくとも声を掛け、場所は互いに譲り合って気持ちよく釣りもサーフィンもできるようにしたいものである

相手が気付いていない場合には自分が大人になって場所を移動しよう。

釣り人との間隔は適度に

サーフフィッシングの最盛期となると、ルアー釣りから餌釣りまで、多くの釣り人がサーフに並び竿を振っている。

そんなときに注意したいのが場所の選択だ。たとえ自身の入りたいポイントに先行者が居たとしても、釣り人同士の間隔が狭い場合には諦めて別のポイントへ入ろう。

混み合っているとどうしても間隔が狭くなりがちだが、他の釣り人の間隔を参考にして入れそうなポイントを探し、両隣のアングラーへ声を掛けた後にポイントへ入るようにしたい。

特に、餌釣りとルアー釣りといった釣り方が異なる場合には、より間隔を意識するようにした方がトラブルを回避できる。

周りをよく見よう

後ろに人が居たり、横へ海水浴客が来たり、釣りに夢中になって周囲の変化に気付かないとトラブルのもとになる。

キャスト時や自身が移動する際など、常に周りに目を向けて安全に釣りをしよう。

また、自身の近くで青物などの良く走る魚がヒットした場合にはすぐに自身も回収するようにしよう

その時間は自分の釣りを中断しなければならないが、魚がヒットしたアングラーのサポートに回るようにしたい。次にヒットするのは自分かもしれないのだ。お互い様である。

なにより声掛けが大切

釣り人同士、サーファー、海水浴客など、どのような相手でもしっかりと挨拶を交わすことがトラブルを防ぐ第一歩である。

多くの人々が訪れるサーフでの釣りだからこそ、当たり前ではあるがより意識してほしい。

安全に楽しもう

サーフで思い切りキャスティングするのは非常に気持ちの良いもの。注意事項を頭に入れておき、自身も周囲の人々も不快な思いをしないように釣りを楽しんでほしい。

タグ: