[Hibiさんからの寄稿] 水深30cmの浅場でも食ってくる!魚影の濃い淡路島でお手軽ロックフィッシュゲーム

タグ: / / / /
2017年06月18日

  •  釣行日:6月18日
  •  時間:16時~19時
  •  天気:快晴
  •  潮汐:大潮

時間がない時でも、釣りがしたい。

そんな釣り人の期待に応えてくれる魚と言えばカサゴやムラソイといった根魚たちです。

今回の釣行日は大潮ということもあり、潮の干満差が大きい。

釣りをした時間帯は引き潮のピークで潮位もずいぶん低くなっていました。

ポイントの水深はわずか30cm。

根掛かりを避けるために、リグは1.5gのシンカーとオフセットフックを使ったスプリットショットリグと4gのテキサスリグの2つを使い分けて狙います。

水深がないため、魚がいれば反応が返ってくるのは早かったです。

さっそくカサゴのアタリ。短時間でも手軽に楽しませてくれます。

さらに探りを入れても反応がなければすぐに次のポイントを狙っていきます。

こうしてテンポよく探っていくのが釣果を伸ばすコツです。

オフセットフックを使ったスプリットショットリグは根掛かりしにくく、軽く投げて狙うときにも使いやすい。

テキサスリグはシンカーとワームの位置が近いので、テトラの穴の中を上下に探るときなどに使いやすいでしょう。

食い損ねたり、ルアーを追いかけて来るけどハリ掛かりしないような場合はワームのカラーローテーションがオススメ。

魚の反応がガラリと変わることもあるので、その日のアタリカラーを探すのも楽しみの1つになると思います。


水深30cmほどなのに「魚はいるんだなぁ~」と思いながらも、20〜25cmクラスが食ってくることも。

このサイズになるとやり取りの手応えも少し違う。

淡路島のポテンシャルの高さを体感した釣行でした。

いつも手軽に狙える根魚たちには本当に楽しませてもらっています。ソフトルアーでできる癒しの釣りを、楽しんでみてはいかがでしょうか。

釣行データ

釣行日

2017年6月18日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

快晴・大潮

関連商品

タグ: