もう迷わない! エギング用ラインの「種類・太さ・号数」の選び方とおすすめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月09日 (最終更新日:2017年09月19日)

目次

  1. エギング用メインラインの選び方
  2. おすすめのエギング用PEライン
  3. エギング用ショックリーダーの選び方
  4. おすすめのエギング用ショックリーダー
  5. ショックリーダー結束時のノットについて

ショックリーダー結束時のノットについて

メインラインとショックリーダーを揃えたら、今度はそれらを結束しなければならない。最後に、エギングによく使われるノットを紹介していこう。

電車結び

最も簡単なノットだが、結び目が大きくなりやすく、キャスト時にガイドに当たってトラブルの元になったり、飛距離が出なくなることもある。応急処置的なノットとして覚えておこう。

リーダー部分を先に絞め込むのが強度を保つコツだ。

ノーネームノット

電車結びに比べるとやや複雑だが、ガイド抜けと強度も十分な比較的簡単なノット。初心者の方はこのくらいのノットを覚えておけば十分だろう。

FGノット

ルアーフィッシングの基本とも言えるノット。慣れればかなり高い結束強度を保つことができ、結束部が細いためガイド抜けも良い。

最初は難しく感じるかもしれないが、様々な釣りで多用するため覚えておいて損は無いだろう。

迷いがちなラインの問題はこれで解決

いざ釣具屋に行くと迷いがちなラインの太さや種類。エギングに行く人はこの記事を参考に、自身のフィールドにあわせたラインを購入するといいだろう。

タグ: