もう迷わない! エギング用ラインの「種類・太さ・号数」の選び方とおすすめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月09日 (最終更新日:2017年09月19日)

目次

  1. エギング用メインラインの選び方
  2. おすすめのエギング用PEライン
  3. エギング用ショックリーダーの選び方
  4. おすすめのエギング用ショックリーダー
  5. ショックリーダー結束時のノットについて

おすすめのエギング用ショックリーダー

ショックリーダーもエギング専用のものが各社から発売されている。おすすめのものを紹介していこう。

ユニチカ「キャスライン エギングリーダーII」

ライン組織を3層にするT.L構造で、比較的比重の高いフロロカーボンの中でも最大級の比重をもつライン。

この比重の高さはエギングに最適で、フォール時の妨げにならないためエギ本来の力を引き出すことが可能だ。

加えて、コストパフォーマンスの高さも魅力的である。

デュエル「ハードコア エギングリーダー」

低伸度で感度が良く、擦れに強いというフロロカーボンの特性を備えつつ、しなやかで扱いやすいショックリーダー。

水と屈折率が近く、乱反射を起こしにくいラインカラーを採用しているため、目の非常に良いイカに警戒されにくいのも特徴である。

モーリス「アバニ エギング ショックリーダー」

スタンダードなエギング専用リーダー。高い感度と耐摩耗性、適度な比重と、初心者から上級者まで安心して使うことのできるショックリーダーである。

【次ページ:ショックリーダー結束時のノットについて】

タグ: