もう迷わない! エギング用ラインの「種類・太さ・号数」の選び方とおすすめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月09日 (最終更新日:2017年09月19日)

目次

  1. エギング用メインラインの選び方
  2. おすすめのエギング用PEライン
  3. エギング用ショックリーダーの選び方
  4. おすすめのエギング用ショックリーダー
  5. ショックリーダー結束時のノットについて

おすすめのエギング用PEライン

近年のエギングブームに伴い、各社から多くの専用ラインがリリースされている。今回は、その中でもおすすめのエギング用ラインをご紹介しよう。

サンライン「ソルトウォータースペシャル PEエギ ULT」

エギングの名手山田ヒロヒト氏監修の専用ライン。強度、張り、感度、耐摩耗性に優れ、激しいシャクリにも耐えてくれるだろう。ライントラブルも起きにくいラインとなっている。

0.3号や0.5号などの絶妙な号数もラインナップされているため、幅広い状況に対応可能なラインである。

モーリス「アバニ エギング マックスパワー 」

8本撚りで細いながらも抜群の強度を誇るPEライン。特殊な表面加工がなされており、滑らかな使用感と圧倒的な飛距離が得られる。

ホワイトベースのマーキング使用で視認性が非常に良いのも特徴だ。

他製品と比べても値の張るラインだが、それだけ安心して使用できる製品といえるだろう。

デュエル「ハードコアX4 エギング」

比較的値段の高いPEラインの中でも、安さを重視するならばおすすめの4本撚りPEライン。コシがあるため扱いやすく、マーキングまで施されたコストパフォーマンスの高い専用ラインだ。

デュエル「アーマードF+ プロ エギング」

ライン表面にフロロ粒子をコーティングすることで、従来のPEラインに比べて耐摩耗性に大きく優れたライン。磯などの根ズレが心配なフィールドでも重宝するだろう。

さらに、コーティングが施されていることにより比重が高く、風や流れの影響を受けにくいため飛距離が伸び、ライン操作も容易。PEラインとフロロのいいとこ取りなラインと言える。

ダイワ「エメラルダスセンサー ホワイト+Si」

ダイワ[DAIWA]のエメラルダスブランドの専用ライン。PEラインの中では低価格帯のラインながらも、耐摩耗性をアップさせるコーティングや色落ちしにくい染色加工など、十分な性能を備えている。

ホワイトベースに細かなマーキングで、エギの位置も確認しやすいラインだ。

【次ページ : エギング用ショックリーダーの太さ】

タグ: