消波ブロックでの釣りの危険性と必要装備

タグ:
2017年09月07日 (最終更新日:2018年04月01日)

防波堤やサーフ、河口などに多く設置されている「消波ブロック」。消波ブロックは漁礁のような役割も持ち、周辺は様々な魚が釣れる好ポイントとなる。

しかし、消波ブロックの上からの釣りは危険を伴うもの。今回はそんな消波ブロックでの釣りの主な危険性と、身につけるべき装備を解説していこう。

目次

  1. 消波ブロックとは?
  2. 消波ブロックでの釣りにおける危険性
  3. 消波ブロックでの釣りで必要な装備

消波ブロックとは

消波ブロックの役割

防波堤やサーフ、河口などに設置されている消波ブロック。消波ブロックの主な役割は、押し寄せる波のエネルギーを減衰させて海岸線の浸食を防ぐこと。

他にも、河川では水の勢いを和らげる効果もあるため、海岸線や河川の護岸において広く用いられている。

消波ブロックの種類

消波ブロックには中空の三角形のものや、六脚のものなど様々な種類があるが、最も多く見るのは放射状に4本の脚が伸びた形状のものだろう。

「テトラポッド」というとピンとくる方も多いのではないだろうか。

消波ブロック=テトラポッドと思っている方もいるだろうが、実はテトラポッドは登録商標

細かく言うと、不動テトラという会社が製造しているそのような形状の消波ブロックが「テトラポッド」なのだ。

立ち入り禁止の場所は注意

消波ブロックが積まれている場所は好ポイントである反面、多くの危険が潜んでおり死亡事故が起こる可能性もある。

それゆえに、場所によっては消波ブロックへの立ち入りを禁止している釣り場も少なくない

そのような表示のある場所では素直に従い、消波ブロックに乗るのは絶対にやめよう。

【次ページ:消波ブロックでの釣りにおける危険性】

タグ: