[スズシゲさんからの寄稿] 大型ミノーを使った狙い方とは?良型のカサゴを狙い打ち

タグ: / / / /
2017年06月29日 (最終更新日:2018年12月13日)

続いてはフローティングミノーでチェック

続いてフローティングミノーで表層をチェックします。

シンペンやシンキングミノーで中層〜底を探ってもいいんですが、どうしてもこの時期はウィード(海藻)が多く、根掛りが懸念されます。

あんまりハードルアーをロストするのは環境にもお財布にもやさしくない…。

ということで、あくまでチェックするのは表層です。

数キャストすると、波打ち際の足元で強烈なバイト!

しかし、すっぽ抜け…。

しかしもう一度同じコースをトレースすると、同じポイントでヒットしました。


9.5cmのミノーを飲み込んだ、20cm弱のカサゴ

体調の約半分程度のプラグにも、果敢にアタックしてきます。

まるでシーバスかのように丸呑みです。


水深50cm程度の波打ち際でバイトしてきたので、おそらく追尾してきたのでしょう。

カサゴはボトムに張り付いているイメージが大きい底物ですが、タイミングによっては獲物を求めて積極的に動き回ります。


見た目はこわいカサゴですが、その白身は淡白で上品。

ハードルアーには大型がヒットする傾向が高いので、かなり楽しめます。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私の読み物系釣りブログ「淡路島ライフ」もよろしくお願いします。

釣行データ

釣行日

2017年5月12日

釣行場所

淡路島

天気・潮汐

晴れ・大潮

今回のタックルセッティング

ロッド/ ブリーデン「GRF-TR85″PE special” Houri-Island」

リール/ シマノ「ナスキー C2000S」

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: