[CCBさんからの寄稿] 食いが渋い時に役立つ小技を紹介!人気スポットのスレたチヌを攻略

タグ: / /
2017年06月17日 (最終更新日:2018年12月13日)

どうもCCBです(´◡`๑)

今回は「釣房カップ」にオブザーバーで参加して来ました。

朝の3時に、家を飛び出し「田ノ浦港」へ。

現地に着くとすでにメンバーが揃われてました。

早速「キリシマ丸」に乗り込み、本島方面へ出発。

イテキマ-ス!!Σ≡≡≡((っ`・_・)っ ドピューン

小坂の波止。

何度か、降りたことがあるのですが…。

やはり人気の場所。

すでに4人程いらっしゃいました。

CCBは空いている先端の白灯台からスタート。

外向きを狙いましたw

当日の釣行データ

  • 2017年5月14日
  • 中潮
  • 干潮07:18
  • 満潮12:48

干潮挟みの満ち潮のタイミングで釣りをします🎣

ポイントの水深は15mくらい。

目印にウキ止めをつけます。ウキは、キザクラの「STR」の5Bにガン玉5Bをつけて、投入します‼︎潮が速いので重めの仕掛けです。ハリスの真ん中にはG6のガン玉を打ちました。

マキエサを引き潮に打っていきます。それと引かれ潮がぶつかる場所にも入れていきます。

イメージはマキエサを引き潮に打って魚を集める!そして引かれ潮にも打って集まった魚をその場に定着させる。

そんな感じw

タナも底から1mくらい上で流しました。するとカサゴちゃんが遊びに来てました。

「ん?底についているのか…」

もう少し上までウキ止めを動かします。

タナを合わせて、探りを入れていると…。

引き潮に入って、少しウキがしもったあと、ギューンと海中の中へ!

糸フケを取りアワセると確かな手応えが!

開始早々の出来事で、慌てふためいているとフッとテンションが抜けます(^◇^;)

「またやってもうたで…」。

気をとりなおして、食いが浅いのかなと思いここで一工夫。

小技1.プライヤーでストレートの鈎にネジレを加えてかかりやすくしました。

小技2.糸フケがあるとアワセが遅くなるので、ラインメンディングにはかなり気を使い、向かい風を利用して波止のギリギリを攻めました。

すると答えは早かった!

数投後に同じパターンでヒット!

40cmくらいのナイスなチヌちゃんをGETです。

その後は、小移動しながら狙いますが…。

あえなく終了。

中々厳しい釣行でした(;´༎ຶД༎ຶ`)

しかし内向きでされていた方は8匹くらい釣られてました。

先端は、激流と向かい風にやられましたが…壁際を流すのには良かったかな!

最後は1号のウキで満ち潮の本流に竿1本半で、流しましたが奇跡は起きず。

帰りの船で皆さんの釣果を聞くと、全員釣られてて、さすがでしたщ(ʘ╻ʘ)щ

優勝は、ジャスト50cmの年無し。

羨ましいw

僕も、もっともっと頑張ります٩( ‘ω’ )و

CCB-FAMILYのHPは、こちら

釣行データ

釣行日

2017年5月14日

釣行場所

小阪の波止

天気・潮汐

晴れ・中潮

今回のタックルセッティング

ロッド / 宇崎日新 INGRAM ISO 1.25号 500

リール / ダイワ 16 トライソ2500LBD

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: